自衛隊最強の部隊へ―CQB・ガンハンドリング編 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

個数:
  • ポイントキャンペーン

自衛隊最強の部隊へ―CQB・ガンハンドリング編 牧歌的訓練からの脱却。第40普通科連隊を変えたガン・インストラクター

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2021年09月23日 21時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416519516
  • NDC分類 396.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

(まえがきより)
2003年8月、私は九州・小倉の陸上自衛隊第40普通科連隊の連隊長を拝命しました。
そして、そこでイチローさんに出会いました。
ガン雑誌ですばらしい作品を発表するフォトグラファーとしても有名ですが、イチローさんは、何より、
アメリカではガン・インストラクターとしてFBI(連邦捜査局)などとトレーニングを続けている、
卓越した技術と最新の情報を持っている人物でした。
会って、その立ち振る舞いを見た瞬間、私はイチローさんとタッグを組むことができたら、真に強い部隊ができると感じました。
これは、運命ともいえる出会いでした。
快諾を頂き、小倉の部隊は長期にわたって、イチローさんの厳しい、そして内容の濃いトレーニングを受けることになります。
それは、陸上自衛隊という組織がそれまで実施したことのない、実戦に直結したものでした。
そのため、乾いた大地に慈雨が沁み込むような充実した日々になったのです。

本書は、福岡県北九州市の小倉駐屯地に駐屯する第40普通科連隊が、
真に、戦場で必要となる戦闘技術を部外インストラクターから学んだ経緯を記録した
電子書籍『40連隊に戦闘技術の負けはない』を増補・再編集したものです。
どうしたら強くなれるのか…、その答えを求めて訓練に明け暮れた陸上自衛隊・第一線部隊の記録です。

内容説明

本書は、福岡県北九州市の小倉に駐屯する第40普通科連隊が、真に戦場で必要となる戦闘技術を部外インストラクターから学んだ経緯を綴った電子書籍『40連隊に戦闘技術の負けはない』を増補・再編集したものです。どうしたら強くなれるのか…、その答えを求めて訓練に明け暮れた陸上自衛隊・第一線部隊の記録です。

目次

第1章 ナガタ・イチロー氏との出会い
第2章 ガンハンドリングができない部隊は実戦では戦えない
第3章 実戦で必要な知識・行動
第4章 ガンビー(Gumby)訓練に隊員痺れる
第5章 実戦的な訓練の追求とサバゲーチームとの真剣勝負
第6章 人生・訓練に対する考え方

著者等紹介

二見龍[フタミリュウ]
防衛大学校卒業。第8師団司令部3部長、第40普通科連隊長、中央即応集団司令部幕僚長、東部方面混成団長などを歴任し陸将補で退官。現在、株式会社カナデンに勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

乱読家 護る会支持!

6
イラク派兵の直前から自衛隊で訓練が始まったCQB(近接戦闘)。主に市街地での戦闘を想定したもの。。。 あまりに専門的すぎて、、、面白くない(笑)2019/10/10

どらんかー

2
40連隊の成長の記録2020/07/11

るな

0
普通科連隊と触れ合う機会が年1回あるけど、当初とは比べ物にならない、実戦を想定している彼らを見ていたので本書読んでいて納得できる所ばかり。そして趣味の域を越えているバレエに対する姿勢にも通じる所を感じ嬉しくもあった。2021/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13485996

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。