ハワイ行ったらこれ食べよう!オアフ島―地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

個数:
電子版価格
¥1,540
  • 電書あり

ハワイ行ったらこれ食べよう!オアフ島―地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月18日 11時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 144p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416518281
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0026

出版社内容情報

ハワイの定番グルメから、地元っ子しか知らないローカルの食まで網羅。ハワイ旅行の『食』専門、2冊目のガイドブックとして。大人気シリーズ、地元っ子や、旅のリピーターに聞いたグルメガイド本『これ食べよう!』シリーズから、
待望のハワイ編が刊行されます。
リピーターなら誰もがうなずくハワイの定番グルメから、
地元っ子しか知らないローカルの食まで網羅しました。

本書はただのガイド本ではありません。
ハワイで見逃せないメニューを厳選し、それが食べられる代表的なお店とともに紹介した、
食事メニュー別のハワイガイドです。
セカンド・ガイドブックとして、持ち運びやすいサイズで作りました。
現地で食べたいものを探す際に、女性にも男性にもおすすめの一冊です。
「ハワイの人たちって、いったい何を食べているの!?」と気になった人にもおすすめです。

ノースショアで『バター・ガーリック・スカンピ』をテイクアウトしてもよし。
レストランで、現地でしか食べられない『ハワイリージョナルキュイジーヌ』に舌鼓をうつもよし、
移民がもちこんだ各地の料理の多様性に触れるもよし。
『ラウラウ』『ピケ』『ピピカウラ』など、「えぇっ!」と驚く、
ハワイ土着の見慣れぬ料理に思いをめぐらせるのもよいでしょう。

女性目線の小気味よい解説で各料理を細かく説明していきます。
この一冊でハワイ・オアフの食文化の奥深さを垣間見てください!

○地元っ子激オシ 食べてみて!ここのこれ!
スフレパンケーキ/マラサダ/レモンシフォンパイ/ココナッツ・ケーキ、ほか

○朝ごはん
フレンチ・トースト/エッグ・ベネディクト/バターミルク・パンケーキ/オムレツ、ほか

○多国籍なもの
スシロール/ロコモコ/サイミン/カツ/オックステールスープ、ほか

○人気もの、集めました
バーガー/フリフリ・チキン/バター・ガーリック・スカンピ、ほか

○伝統のもの
ラウラウ/ポイ/ポケ/ピピカウラ、ほか

○あまいもの
モチ/クリーム・パフ/ケーキ・ボム/ハワイアン・パイ、ほか

○冷たいもの
バナン/アサイ・ボウル/マラモード/ハロハロ、ほか

○そのほか、コラムや英語注文ガイド、指差し注文ガイドなども充実

こにしなおこ[コニシナオコ]
編集

目次

地元っ子激オシ食べてみて!ここのこれ!
朝ごはん
多国籍なもの
人気もの、集めました
伝統のもの
あまいもの
冷たいもの

著者等紹介

こにしなおこ[コニシナオコ]
フード&トラベルライター。海外ガイドブック制作の編集プロダクション等を経て、2003年にフリーランスに。旅や食を中心とした企画・取材・執筆・編集を手掛けている。80冊を超える海外ガイドブックの取材や執筆に携わる。また、『旅とお茶の世界を楽しむ会―TRAVEL TEA SALON』を主宰。ハワイやイギリス、モロッコをはじめ、取材やプライベートで訪れた国や地域のティータイムや食文化を紹介(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。