製靴書―ビスポーク・シューメイキング オーダーからその製作技術と哲学まで

個数:

製靴書―ビスポーク・シューメイキング オーダーからその製作技術と哲学まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月23日 17時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 223p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416516652
  • NDC分類 589.25
  • Cコード C2072

出版社内容情報

日本最高峰、最高級のフルハンドメイド靴がどのような哲学、製作工程で作られているのかを紹介する永久保存版的一冊。◆日本のビスポーク靴の最高峰として知られる「Guild of Crafts」と、近年活躍する多数の靴職人を輩出する「サルワカ・フットウェア・カレッジ」。本書は、その代表を務める山口千尋氏の製靴技術と哲学を紹介する一冊です◆

日本における革靴の歴史はおよそ150年になりますが、
ヨーロッパからその製法が伝わって現代まで、
いまだに高級革靴とされるものは職人の手から生み出されています。

この工芸品とも呼べる革靴は、いったいどのような工程・哲学で生み出されているのか。
革靴ファンのみならず、革靴職人を志す方にとっても非常に興味深い内容かと思います。

本書は、日本最高峰のシューメーカー「Guild of Crafts」の代表であるとともに、
革靴の本場イギリスで「マスタークラフツメン」の資格を授与された山口千尋氏が、
その哲学から革靴作りの一連の工程を紹介します。

さらに、革靴職人ならではのメンテナンス法や、革靴の基礎知識、分類なども収録した、
革靴ファンが知りたい内容を網羅した決定版的一冊です。


山口 千尋[ヤマグチ チヒロ]
山口 千尋:ギルド・オブ・クラフツ代表。サルワカ・フットウェア・カレッジ代表。1980年に靴メーカーに就職、靴づくりを始める。その後、1987年に渡英し、イギリスの靴学校コードウェイナーズカレッジを1990年に卒業、シューズパターン1級を取得、ロイヤル・ソサエティ・オブ・アカデミー賞を受賞。1991年には日本人としては初めて、ギルド・オブ・マスタークラフツメンの資格を授与される。日本に帰国後、シューズのデザイナーを経て、1996年に株式会社ギルドを設立。雑誌やテレビ番組に出演するなど、日本のビスポーク靴の第一人者として知られている。

内容説明

日本における革靴の歴史はおよそ150年。ヨーロッパからその製法が伝わって現在まで、高級革靴とされるものは職人の手から生み出されています。この工芸品ともいえる革靴は、どのような工程・哲学で生み出されているのか。革靴ファンや革靴職人のみならず、「ものづくり」に関わるすべての方にとって、非常に興味深い内容でしょう。本書では、日本最高峰のシューメーカー「Guild of Crafts」の代表であるとともに、革靴の本場イギリスで「マスタークラフツメン」の資格を授与された山口千尋氏が、その哲学とともに革靴作りの一連の工程を紹介します。さらに、革靴職人ならではの革靴のメンテナンス法、基礎知識、分類なども収録した、革靴ファンが知りたい内容を網羅した決定版的一冊です。

目次

第1章 ビスポーク靴のすすめ
第2章 革靴を履くための「足」について知る
第3章 革靴を知る(クラシック紳士靴の近代史;革靴のデザイン;素材を知る)
第4章 ビスポーク靴ができるまで(Tools(道具)
Clothing アッパーの縫製
Making ラスティングとウェルティング
Bottoming 底付け
Ironing こて当て
Finishing 仕上げ)
第5章 革靴と長くつき合うために(Maintenance(メンテナンス))