レストラン・パティシエールの働き方―「好き」を仕事にする&つづけていく!

個数:

レストラン・パティシエールの働き方―「好き」を仕事にする&つづけていく!

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年01月29日 01時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416516348
  • NDC分類 596.6
  • Cコード C2077

内容説明

「お菓子作りを仕事にする」という夢をかなえる舞台は、レストランにもある!パティシエが働くのは、パティスリー(菓子店)だけではない。あまり知られていない「レストランのパティシエ」の仕事を、パリのレストランデザート界で注目され、現在は東京・白金「ティルプス」(ミシュラン1つ星)で活躍する中村樹里子が紹介。修業時代の悩みは?レストラン・パティシエールの楽しさとは?この仕事を続けるコツは?―今、東京でもっとも独創的かつハイレベルと評判の中村のデザート33品のレシピも収録。若きパティシエールの「リアルな声と想い」を伝える。

目次

1 レストラン・パティシエールQ&A(どのようにしてレストラン・パティシエールになりましたか?;パティスリーのパティシエとレストランのパティシエはどう違いますか?;レストランのパティシエの仕事内容を教えてください。;どのようにしてステップアップしてきましたか?;フランス修業は、パティシエにとって大切ですか?;気持ちが折れた時、やめたくなった時、どのようにして乗り越えてきましたか?;レストランのパティシエをやっていて、楽しいことはなんですか?むずかしいことはなんですか?)
2 「学び方」(パティシエ修業;パティシエになる;フランス修業・前半;フランス修業・後半、帰国)
3 「働き方」(新人の働き方;パティシエを続ける)

著者等紹介

中村樹里子[ナカムラキリコ]
東京・白金「TIRPSE(ティルプス)」シェフパティシエ。1980年生まれ。大阪府出身。豊中(当時)の「ヒロコーヒー ケーキ工房」などで修業、2007年に「ケ モンテベロ」(大阪・吹田)のスーシェフを2年間務めたのちに渡仏。パリの1つ星レストラン「エレーヌダローズ」を経て「ランスタン・ドール」でシェフパティシエに就任、約1年半務めた間にミシュラン1つ星を獲得する。2013年に帰国、10月より「ティルプス」(東京・白金)のシェフパティシエールを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

注目の若き「レストラン パティシエール」中村樹里子。彼女の修業と仕事の日々を通し、華麗かつ地道な「デザートの世界」を伝える。

「お菓子屋さんになる」という夢をかなえる舞台は、パティスリー(菓子店)のほかに、レストランがある。

本書の主役、中村樹里子は「レストランのパティシエール」、すなわちレストランでデザートを専門に担当するプロ。
多くの女の子が一度はあこがれる職業「お菓子屋さん」の、いわば新しい1ジャンルだ。
(ちなみに、「パティシエ」とは菓子作りの専門職のこと。「パティシエール」とはその女性形。)

小さい頃から大好きだった菓子作りを仕事にし、現在では東京のレストランシーンで注目を集めるパティシエールとなった中村。
彼女が日本とフランスで重ねてきた修業と、レストランで働く現在の日常をリアルに&楽しくつづり、華麗かつ地道な「デザートの仕事」の一端を見せる???修業時代の悩みは? その解決方法は? ターニングポイントは? そしてシェフパティシエとなった現在、デザート作りで何をいちばん大切にしているか? パティスリーとレストランの違いは? 日々、何につまずき、何に喜びを感じているか? これからのキャリアは? ???若き現役パティシエールの「リアルな声と想い」をていねいに伝える。

また、パリで訪れるべきパティスリー、食べるべきケーキ、現在の中村が作るデザートのレシピなど、使える情報、見て楽しいビジュアルもたっぷりと掲載。パティシエールをめざす人、お菓子が好きな人、好きなことを仕事にしたい人すべてに贈る「女性菓子職人」のドキュメンタリー。

【著者紹介】
中村 樹里子:東京・白金「TIRPSE(ティルプス)」シェフパティシエ。1980年生まれ。大阪府出身。専門学校卒業後、「ヒロコーヒー ケーキ工房」などのパティスリーで経験を重ねる。2007年に「ケ モンテベロ」(大阪・吹田)の立ち上げから参加、副シェフを2年間務めたのちに渡仏。ボーヌのパティスリーを経てパリの1つ星レストラン「エレーヌ ダローズ」に約1年間勤務し、「レストランのパティシエール」として経験を積む。その後、新レストラン「ランスタン・ドール」でシェフパティシエに就き、約1年半務めた間にミシュラン1つ星を獲得する。2013年6月に帰国し、同年10月の「TIRPSE」オープンよりパティシエールとして参加。2015年7月より1年間限定で、ランチタイムにデザートのコースを提供するレストラン「KIRIKO NAKAMURA」に取り組む。