水曜日のアニメが待ち遠しい―フランス人から見た日本サブカルチャーの魅力を解き明かす

電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

水曜日のアニメが待ち遠しい―フランス人から見た日本サブカルチャーの魅力を解き明かす

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 233p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784416315088
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C0095

出版社内容情報

日本のアニメやマンガがなぜフランスで大人気となったのか。黎明期から現在まで、具体的な作品に触れながら、当事者の目線で解説。

日本のアニメやマンガがフランスで大きな支持を得ているといわれています。実際、フランスで行われている「ジャパン・エキスポ」の来場者数は右肩あがりで、20万人を越す集客を誇るイベントに成長。しかし、どうしてフランスで日本のアニメやマンガが受け入れられるにいたったのでしょうか?

本書では、フランスにおける日本のアニメ・マンガ文化の輸入史を黎明期から振り返るとともに、人気となった理由をわかりやすく分析。フランスにおける日本アニメの放映が本格的にスタートした1970年代に幼少期を過ごした当事者だからこそ知るエピソードや実体験も豊富に交え、「クールジャパン」の正体に切り込みます。

【著者紹介】
トリスタン・ブルネ:1976年フランス生まれ。ジュネーヴ大学大学院博士後期課程在籍。日本史学研究。翻訳家。日本のアニメ、マンガなどに造詣が深く、フランス語版『北斗の拳』をはじめマンガの翻訳に携わる。2004年に初来日。以後、留学経験を経て、現在は、日本の大学や語学学校で、フランス語、フランス思想の講師もつとめている。

内容説明

1970年代末、フランスの子どもたちはみんな日本アニメに夢中になった―。激しいバッシングや創造的な誤解を巻き起こしながらもアニメやマンガはやがて彼らの人生や世界観に大きな影響を与えるまでになった。日本のサブカルチャーはなぜフランスの若者をこれほど熱狂させるこことになったのか。自身の経験を踏まえてフランス人オタク第一世代の著者が解き明かす。

目次

第1章 アニメに夢中 1970年代の夜明け(日本アニメというヒーローへの親しみ;僕が生まれた「近未来の街」 ほか)
第2章 日常化するアニメとバッシングの脅威 1980年代の憂鬱(テレビ民営化、スタート!;「クラブ・ドロテ」という伝統的番組 ほか)
第3章 「オタク」の自覚とネットワークの形成 1990年代の覚醒(90年代はファンの組織化の時代だった;アニメファンを対象としたラジオ ほか)
第4章 「間」の想像力を生きる 2000年代以降の課題(2000年代の日本マンガの存在感;フランスのエリート、ナルトの足跡を辿る ほか)

著者等紹介

ブルネ,トリスタン[ブルネ,トリスタン] [Brunet,Tristan]
1976年フランス生まれ。ジュネーヴ大学大学院博士後期課程在籍。日本史学研究。翻訳家。オタク。日本のアニメ、マンガなどに造詣が深く、フランス語版『北斗の拳』などのマンガの翻訳に携わる。2004年に初来日。以降、数回の留学経験を経て、現在は、日本の大学や語学学校で、フランス語、フランス思想の講師もつとめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件