打ち込みの成立条件

電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

打ち込みの成立条件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416314371
  • NDC分類 795
  • Cコード C0076

出版社内容情報

打ち込みの形は多くありますが、時期が早かったり、タイミングを逃したりと難しいもの。準備と決行のタイミングを秋山九段が解説。

囲碁において、打ち込みは戦いの起点となる着手です。打ち込みからは激しい戦いの連続となるため、その収束までは緊迫した局面が続きますが、実際には打ち込みが行われた瞬間にはその結末まで見えていなければいけないはずです。本書は打ち込みが巧くいくかどうかについて、必要な準備作業を確認します。準備が滞りなく行われていることを確認したうえで打ち込みの効果が最大に発揮されることを確認し、また過剰に準備を重ねていると打ち込みの機会を逃してしまうこと、逆に準備をかけて打ち込んでも特にならない局面などを取り上げ、打ち込みの成否と効率について秋山次郎九段が徹底的に解説します。

1.打ち込みの効果
2.準備と時期
3.急所と手筋
4.生きる、逃げる、振り替わる
5.全局的評価
6.練習問題

【著者紹介】
秋山 次郎:1977年東京都出身。囲碁棋士、九段。菊池康郎氏に師事。2003年、第18回NEC俊英囲碁トーナメント優勝。2013年、第39期天元戦挑戦者。手厚い棋風で、相手の隙をきっちり捕える。

著者等紹介

秋山次郎[アキヤマジロウ]
1977年11月23日生。東京都出身。日本棋院所属、菊池康郎氏に師事。1992年入段。1998年棋聖戦六段戦優勝。棋道賞新人賞。2001年第27期天元戦挑戦者決定戦進出。2003年第18期NEC俊英トーナメント優勝。第28期碁聖戦挑戦者決定戦進出。2012年九段。2013年第39期天元戦挑戦者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。