電子工作大図鑑―作ってきたえて能力アップ! (増補版)

個数:

電子工作大図鑑―作ってきたえて能力アップ! (増補版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月22日 03時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 383p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416314333
  • NDC分類 549
  • Cコード C0054

出版社内容情報

光る,動く,音の出る楽しい電子工作が,学びながら作れる電子工作作例集.62種類の作品に新作を加え,コピー基板方式を採用.

子供から大人まで楽しめる電子工作が62種類掲載され,製作のイメージがつかみやすい基板実体図のイラストで好評だった電子工作大図鑑に,新たな作例を15種類加え,パワーアップしました.
今回さらに原寸コピーした部品配置図をユニバーサル基板に貼り,イラスト通りに部品を差し込んでハンダ付けする「コピー基板方式」を導入.プリント基板より間違いの起こりやすかったユニバーサル基板での製作が確実に行えます.
また,できるだけ特殊な部品を使わずに,入手しやすい電子部品で設計された作品は,ケースやメカニカルな部分にもさまざまな工夫を凝らし,単に作って終わりではないようにデザインされています.作品を完成させたあとも,おもちゃとして,インテリアとして楽しんでいただけます.
384ページの圧倒的ボリュームで,どれから作るか迷ってしまうぐらい豊富な作例を掲載していますので,長く愛読していただける電子工作書となっています.

【著者紹介】
筑波大学在学中に第3回オムニアートコンテスト最優秀賞を最年少て?受賞し,1993年名古屋国際ビエンナーレARTEC'93のグランプリなと?,国際的な賞を多数獲得.作品は幾何学的なオブジェから動きや光,音を伴うものに変わり,芸術性と科学性を両立させた現在の作風を確立.音や光を利用するための高い電子回路技術と工作技術か?注目され,2001年より『子供の科学 』誌 て?電子工作記事の連載を開始.2008年には韓国のソウル国立科学館の「サイエンスイリュージョン」 に参加,活躍の場を海外にも広け?ている.2010年より,フリーのメディアアーティストとして電子工作やおもちゃ作りなと?のワークショップを展開するほか,大学の非常勤講師なと?を務めている.

内容説明

楽しみながら覚える電子工作入門書!技術者の第一歩は電子工作から始まる。ラジオ少年の頃に戻って夢中になる!

目次

コピー基板方式で、初めてでも失敗なく作れる LEDピカピカ装置
複雑な配線の処理法とアクリル工作の基礎を身に付ける 32ルーレット
オーロラのような不思議なヒカリ オーロライト
尾を引くサウンドイルミネーション サウンドライトニング
デジタルな数字表示サイコロ デジサイ
星のランクを勝手につける ファイブスター
リレーを使った早押し判定機 ボタンスマッシュ
光を受けて回る光のかざぐるま 光車
身体を使った楽器 フシギ~サウンダー
楽しいアラーム音を奏でる ぴらりろサウンダー〔ほか〕

著者等紹介

伊藤尚未[イトウナオミ]
筑波大学在学中に第3回オムニアートコンテスト最優秀賞を最年少で受賞し、注目される。1987年の個展「展開」を皮切りに、さまざまなオブジェを世に問い、1993年名古屋国際ビエンナーレ・ARTEC’93のグランプリなど、国際的な賞を多数獲得。音や光を利用するための高い電子回路技術と工作技術が注目され、2001年より『子供の科学』誌で、電子工作記事の連載を開始。2010年より、フリーのメディアアーティストとして独立し、電子工作やおもちゃ作りなどのワークショップを展開するほか、大学の非常勤講師などを務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。