• ポイントキャンペーン

アラン編みのちいさなニット―アイルランドの素朴な伝統模様を編む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 159p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784416313190
  • NDC分類 594.3
  • Cコード C5077

出版社内容情報

海の男たちののセーターとして、さまざまな伝説があるアイルランドのアラン模様の魅力と、ニット作品の編み方を、現地取材で紹介。

ヨーロッパの西の果てアイルランドの、さらに最西に浮かぶアラン諸島。海の男たちのためのセーターとして、さまざまな伝説があるアランセーターの故郷です。流行に左右されない魅力があるアランの伝統模様を紹介しながら、気軽に小物を編んでみましょう、というニット本です。アラン模様を生かした小物作りで人気のアイルランド在住のニッター、Anneの作品を中心に、かわいくて作りやすい小物を紹介。わかりやすいパターンで、初心者でも楽しく編める内容になっています。撮りおろしのアラン島の美しい写真も多数。アランニットの歴史、現地のニッターやニットショップなどの取材記事もたっぷり。旅をするような気分で手編みを楽しめます。アイルランドならではの手仕事の温かさを伝える現地撮影は、アイルランドの食や音楽などの著作を多数もつフォトエッセイストの松井ゆみ子。アイルランド、アランニットの魅力がつまった一冊です。
ニット作品:ハンドウォーマー、グローブ、ヘアバンド、ベレー帽、ポーチ、アスコット、クッションカバー、ポートコージーなど

1 アイルランド・アラン島ってどんなところ
2 アラン伝統模様の意味を知りたい
3 伝統模様を取り入れた小物と作り方
4 アイルランドニット事情
5 アランニットの魅力と歴史をさぐって
作品:ハンドウォーマー、グローブ、ヘアバンド、ベレー帽、ポーチ、アスコット、クッションカバー、ポートコージーなど

【著者紹介】
日本とアイルランドを行き来するフォトエッセイスト松井ゆみ子、アイルランドに魅せられて在住15年のコーディネーター山下直子、アイルランド好きエディター菅野和子のユニット。アイルランドの食や手仕事をテーマに、書籍、雑誌、ツアー、イベントなどの企画を行っている。       クルースナベアとは、イエーツが書き記したケルト神話にも登場する妖精のちからを授けられた女性の名前。

内容説明

アイルランドの西の端の小さな島々、アラン諸島で生まれたハンドクラフト、アランニット。時代を超えて愛され続けるアラン模様を編み込んだ、小物の作り方をご紹介します。編み物初心者の方でも挑戦しやすいアイテムを選びました。

目次

アイルランド、アラン島ってどんなところ?
ヘアバンド
アームウォーマー
指出し手袋
ネックウォーマー
マフラー
エッグコージー
アランの伝統模様
アランセーターの歴史
アイルランド国立博物館カントリーライフ館を訪ねて〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち@疲れ目注意☆彡

55
美しい写真を見ているだけで癒される本です。アラン島やアラン編みの歴史も少し知ることができます。アラン編みの小物レシピは伝統を押さえていながらモダンなデザインで大変オシャレです。裏編みと表編みが出来て 、縄編み針があれば初心者でも大丈夫じゃないかな。2020/08/25

山猫

15
作品集というよりパターン集ですね。ご自分で製図ができる方には良いと思います。2019/12/27

ズー

9
編み物好きの友達が、この本いいよーって言ってて気になってたけど、いいねこの本。すごい好み。図書館で借りてみたけど、これ買う。2020/09/26

yourin♪

9
アラン模様の小物が可愛い! 現地で撮影した写真もたくさん載ってて『旅をするような気分でアラン編みを楽しんで』とあるように、心は海を渡ってアイルランドへ! 単に編み方の本と言うより、創作意欲の刺激になる本。2015/09/19

RingWondeRing

4
すぐ試せる作例も、アイルランドの風景も、模様に込められた意味も。すごく良かった〜。2014/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7425838

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。