毎日ステップアップ 色鉛筆の練習帖365

個数:

毎日ステップアップ 色鉛筆の練習帖365

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月10日 13時11分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 176p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784416311325
  • NDC分類 725.5
  • Cコード C0076

内容説明

本書は、色鉛筆の特性に合った基礎練習から始め、365日かけて少しずつ初歩から上級レベルまで進んでいきます。

目次

1 単色を均一にぬってみよう―1日~47日(色鉛筆の道具;力を抜いてぬってみよう ほか)
2 重ねぬり―48日~103日(カラーチャートを作ろう;色を重ねて新しい色を作ろう ほか)
3 立体感・質感―104日~138日(光と物体について考えてみよう;暗くする色をさがそう ほか)
4 一緒に描いてみよう―139日~228日(すりガラスのビー玉;透明なビー玉 ほか)
5 上級編―229日~365日(1色でデッサン;イタリアンルスカスを描こう ほか)

著者等紹介

河合ひとみ[カワイヒトミ]
東京外国語大学ロシヤ語学科卒。1970年代初め、細密画を色鉛筆で描いてみようと思い立つ。大学卒業後、会社勤務や英語講師を務めるかたわら、イラストの仕事も続ける。現在は、朝日カルチャーセンター(新宿&横浜)、毎日文化センター他、東京都及び神奈川県で色鉛筆画の講座を多数担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

365の色鉛筆の描き方のポイントを順を追って練習することで直したい癖を見つけ出しレベルアップしながら読み進めができる独習本。

最初は1本の色鉛筆で均一にぬる練習、陰影をつける練習、丸を描く練習などから始まり、徐々に色鉛筆の本数も増やし重ね塗りの練習などなど、レベルアップをしながら色鉛筆画の作品を完成。最終的に色鉛筆で描く技術をまんべんなく習得できる書籍です。本書は、基本的な技術をじっくりと習べる点、読者のレベルによって読み進めるスピードを変えられる点などを特徴とし、ビギナーにはやさしく、中?上級者にとっては技術の復習とレベルアップが可能な本といえます。既存の本は対象となる物の描き方を紹介したものがほとんどで、自分の描くときの癖がなかなか直せず、たとえばどうしても塗りつぶしてしまう人や、陰影を付けられない人など、どうしても上手に描けないお悩みの方に、苦手な描き方をクローズアップして練習しますので、自分の悪い癖も理解できる、効率のよい独習本となります。

はじめに、単色を均一にぬる、力を抜いてぬる、ぬり方2種類、色鉛筆の持ち方、小さな面積をぬってみよう、大きい面積をぬってみよう、濃さを変えて模様を描こう、1色で濃さを変える、濃さを変えて模様を描こう、トレースしてみよう、同じ幅でぬる練習、ぬり残してみよう、ぬったところをぼかす、重ねぬり、色を重ねる、濃さを変えて重ねぬり、重ねぬりでぼかす、この色を作ってみよう(ミニトマトの色、ローズヒップの色、桃の花のピンク、バナナの色、レモンの色、ピーマンの緑…)、立体感をつける、濃淡のつけ方、影のつけ方、1色でデッサン、葉っぱの描き方など。

【著者紹介】
河合ひとみ:東京外国語大学ロシヤ語学科卒。1070年代初め、細密画を色鉛筆で描いてみようと思い立つ。大学卒業後、旧ソ連邦極東船舶公社の日本総代理店でOL経験、またアジア学生文化協会で英語教師も経験する。その間、ずっと試行錯誤を繰り返しながらイラストの仕事も続けてきた。現在は絵の仕事ひとすじ。都内で定期的に作品展を開催。