シンプルな回路でわかりやすい真空管オーディオアンプ―「部品選択」「回路設計」「音質改善」に強くなる

個数:

シンプルな回路でわかりやすい真空管オーディオアンプ―「部品選択」「回路設計」「音質改善」に強くなる

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年05月06日 22時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 199p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784416115381
  • NDC分類 547.33
  • Cコード C2055

出版社内容情報

シンプルな回路設計の真空管オーディオアンプを作りながら,真空管アンプの仕組みと設計がよくわかる本

そのレトロな外観から,オールドファンだけでなく若い人たちの間でも人気のある真空管オーディオアンプを,自分の手で作りながらその仕組みがわかる,やさしくていねいな解説書です.ギターアンプなどの出力管としても定評のある真空管EL34を使い,シンプルかつ高音質で,基本に忠実な作りやすい作例を元に,ハンダ付けからケースの加工まで,ベテラン製作者の製作テクニックを披露.カラー実体配線図により,最初は回路図が読めなくても,誰でも完成できるように配慮されています.そして自分でつくった真空管アンプから音が出たあとは,真空管アンプの仕組みと真空管による増幅回路の原理が理解でき,さらにパーツ選びのコツ,音質向上のための改良テクニックなどが学べます.また,うまくできなかったときのトラブルシューティングや,修理のヒントなど,自作真空管アンプへの入門書として好適です.

【著者紹介】
佐藤 進:1980年代よりMJ無線と実験にオリジナル真空管アンプの設計,製作記事を執筆.真空管アンプ愛好家のイベントなどにも精力的に作品を発表し,その音質は多くのマニアから高い評価を得ている.

内容説明

カラー実体配線図と詳細な内部写真で、人気の出力管EL34を使った音の良いパワーアンプを製作。パーツや回路の詳しい解説で、はじめてのアンプ作りでも楽しみながらしくみが理解できる。

目次

第1章 真空管アンプを作る(部品と工具を揃える;製作)
第2章 部品や電気を知る(部品を知る;電気を知る)
第3章 真空管アンプを知る(回路例で知る真空管アンプの働き;測定でアンプの実力を知る;トラブルシューティング)
第4章 オリジナルアンプを設計する(「EL34シングルアンプ」をゼロから考える;「EL34シングルアンプ」を改造する;「つぎはぎ」による設計)

著者等紹介

佐藤進[サトウススム]
1982年、音研製作の小泉永次郎氏の勧めで『無線と実験』別冊「マルチアンプシステム研究」に、カットオフ100Hzカールホーンの設計と製作の発表をする。これがきっかけで『無線と実験』誌へ真空管アンプ製作記事の寄稿を始め、現在に至っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。