カブトガニの謎―2億年前から形を変えず生き続けたわけ

個数:

カブトガニの謎―2億年前から形を変えず生き続けたわけ

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 143p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784416115350
  • NDC分類 K485
  • Cコード C0044

出版社内容情報

生きた化石といわれるカブトガニ.不思議な形状をした体の仕組みやその暮らし、守るべき環境等、カブトガニのいろいろを解説します。

4億年前から細々と生きてきたカブトガニ。恐竜は約6500年前に絶滅してしまいましたが、カブトガニは強い生命力で昔の形のまま現在も生息し、シーラカンス同様「生きる化石」と言われています。教科書にも登場する「カブトガニ」ですが、その奇妙な容姿である理由や形が変化しなかった訳、いったいどんな生活をしているのかなど、謎いっぱいの生き物です。また、青い色をしたカブトガニの血液は、その成分が毒素の検査薬に使われるようになり人間にとって欠かせない生き物にもなってきました。そんな、カブトガニにまつわるいろいろな謎や不思議を紹介します。  日本に生息するカブガニはおよそ4000匹で、年々数が減っている状況です。カブトガニ繁殖地として昭和初期に天然記念物に指定されている岡山県の笠岡市では、早くからカブトガニの保護に努めてきました。カブトガニが生息できる環境とは、カブトガニが繁殖できいる美しい海を守っていく活動などを紹介します。

【著者紹介】
惣路 紀通:大学研究生時(1980年)、別府湾のカブトガニ生息調査を行い、九州東海岸で初のカブトガニ生息地を発見。1982年笠岡市立カブトガニ保護センターに着任。現在、笠岡市立カブトガニ博物館副館長。主な著書に「生きている化石 カブトガニからのメッセージ」 (文研), カブトガニ (山陽サンブックス)などがある。

目次

序章 カブトガニを守る意味(笠岡の海を救え!;笠岡でのカブトガニ保護活動)
1章 カブトガニの進化をさぐる(カブトガニの進化と地質年代;カブトガニの祖先は三葉虫 ほか)
2章 カブトガニの体のひみつ(カブトガニの体のつくり;カブトガニはカニじゃない! ほか)
3章 カブトガニの産卵(産卵時期は夏の大潮;産卵泡は始まりの合図 ほか)
4章 カブトガニの発生と成長(大きくなる卵の不思議;幼生の成長を追う ほか)
5章 謎多きカブトガニの生態(カブトガニの棲んでいる場所;生命をはぐくむ干潟 ほか)

著者等紹介

惣路紀通[ソウジノリミチ]
1956年、山口県光市に生まれる。別府大学研究課程卒。1980年、同大学生物学研究生の時、別府湾のカブトガニ生息調査を行い、九州東海岸において初めてカブトガニの生息地を発見する。1982年、笠岡市立カブトガニ保護センターに着任。現在、同市立カブトガニ博物館館長。日本古生物学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。