オーディオ永遠の名機プリアンプ&パワーアンプ―ステレオ黄金時代1970~80s

個数:

オーディオ永遠の名機プリアンプ&パワーアンプ―ステレオ黄金時代1970~80s

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月10日 12時23分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 223p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416114643
  • NDC分類 547.33
  • Cコード C2055

目次

広告にみるオーディオ
プリメインアンプ
プリアンプ
パワーアンプ
セパレートアンプ
『無線と実験』アーカイブスAudio Town Sketch
『無線と実験』アーカイブスTechnical Reports
広告にみるオーディオ
オーディオ中古市場最前線

出版社内容情報

1970~80年代オーディオ黄金期の日本製プリメインアンプ、プリとパワーアンプ約150機種の写真、データで解説

1970~80年代にかけて「ステレオからオーディオ」へと進化していく名機の数々に光を当てる。この時期は、アキュフェース、オンキヨー、サンスイ、ソニー、トリオ、パイオニア、ビクター、ヤマハ、ラックスマンなど錚々たる日本のメーカーが世界の市場を席巻したオーディオ黄金時代です。この時代に開発された機器は、現在では考えられないほどの物量と開発時間がかけられ、アナログオーディオの傑作ともいえる名機が生まれました。時代を経ても価値が変わらない質実剛健なデザイン、オークションなどでの機器の入手法も含めて、本格オーディオの楽しみと再発見の決定版。
当時の『無線と実験』誌からの掲載記事と広告からスペックなどを網羅し、中古売買のための資料としても使えます。 

?@オーディオ機器の機能美をカラー広告で
?A日本製アンプの技術解説、スペックを網羅
?Bオーディオ中古市場のレポート記事などを充実させた完全保存版。
インターネットでは手に入りにくい詳細情報を満載。

【著者紹介】
MJ編集部編『オーディオクラシックモデル1970~1980』の完全リニューアル版