• ポイントキャンペーン

星空の楽しい話をしましょう。―プラネタリウムで人気の星空メニュー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 125p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784416113509
  • NDC分類 440
  • Cコード C0044

出版社内容情報

プラネタリウム解説でお客さんに人気のあるテーマを厳選しました。女性から好評をいただいている著者のやさしい文章でお届けします。

プラネタリウムで解説を行っている著者は、お客さんがどのような話に興味を持つか、またそれをどのように伝えるかを考えています。本書は、そんな著者の思いを一冊にまとめ、著者の経験をもとに、プラネタリウムに来るお客さんにとても人気のある話をランダムにまとめました。著者は、むずかしい科学的な内容をやさしく解説することに定評のある駒井仁南子さん。星座神話、天文学、天体観測、星の伝承、ほかさまざまなアプローチで、星空のお話をします。

オルフェイスの竪琴
地球に似た惑星がたくさん見つかってきた
宇宙の果てに思いをめぐらす
ブラックフールはこわいもの?
本当の七夕
さそりとオリオン
月のもようはどうみえる?
地球生命は火星からやってきた?宇宙誕生までの話
ゼウスの所業
ベテルギウスはもういない
はやぶさとイトカワの物語
彗星のふるさと
見ると長生きできる星
冬の夜空は星の保育園
太陽の最期…そのとき私たちは…
太陽系を行くボイジャーたち
宇宙は銀河でできている
黄道12星座と誕生日
流れ星に願いを…いつもより多く流れる日
昔の星座・今の星座・そして未来の星座たち
宇宙人はいるのか?
地球に天体が衝突するとき
日食はいつごろ見られるのか?
月のリズム
夜空に惑星が並ぶとき
プラネタリウムで安らぎのひと時を
青空の中でも星は見えている
天の川の正体は
最果ての銀河の世界
宇宙が膨らんでいることを実感する
一番星見つけた
星座は誰が作ったの?
星座早見盤を楽しむ
ダイヤモンドでできた星?
天体写真を撮ってみたい…
一般公開を楽しむ
太陽系は私たちの家族
ワープとか時間の話
音楽を奏でる星がある

【著者紹介】
世田谷、柏、そのほか関東のプラネタリウムを中心に解説を行い、また、星空観測会などを積極的に行うなど、天文普及に努める。当社から、「星のきほん」、「星空がもっと好きになる」「星座がもっと見たくなる」等を刊行、今までにないやさしい語り口調の文章は、女性を中心に支持されている。

目次

星座は誰がつくったの?
黄道十二星座と誕生日
オルフェウスの竪琴
さそりとオリオン
ゼウスって、こわい神様?
昔の星座、今の星座、そして未来の星座
中国の星座
宇宙ってどんなところでしょう?
暦のはなし
旧暦ってなに?〔ほか〕

著者等紹介

駒井仁南子[コマイニナコ]
博物館学芸員。1994年からプラネタリウム業務に携わる。現在は各地の科学館、プラネタリウム館、教育機関などで解説や番組制作、シナリオ作成、天文教室や講演会、星のお話会などを行っている。近年は、天文普及や、小さなプラネタリウムの存続のため、ボランティア活動に力を注いでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

HoneyBEE

16
プラネタリウムに行きたくなる本。星座に纏わる昔ばなし、宇宙の誕生のはなし、流れ星のはなし、イトカワのはなし、暦のはなし、プラネタリウムでテーマとして扱うであろうものが盛りだくさんです。2014/02/19

千尋

9
プラネタリウムの業務に携わっている博物学芸員さんが執筆された星空の本*星空に関するおはなしについて、わかりやすくやさしい文章で紹介しています*今輝いている星が私たちのいる時代よりも実ははるか昔に輝いていた星である事や、火星の空は地球とは違い赤い空で夕方になると逆に青い空になる事など・・星が好きな私にとって、興味が惹かれるおはなしがたくさんありました**まさに星空の入門書に相応しい一冊ですv2013/11/14

なつめ

3
プラネタリウム解説員の駒井さんによる星や宇宙のお話です。写真やイラストがたくさんあり初心者でも分かりやすいです。語り方もとても優しく、分量もちょうどいいです。パッと開いたページから読んでも大丈夫。特に印象に残ったのはオルフェウスの竪琴ですね。こと座のことには、こんな神話があったなんて。次の夏はそんなことを思い浮かべながら、夏の大三角を見上げたいですね。2013/03/16

tistou

2
【図】実家のすぐ裏にプラネタリウムがある為幼いころからプラネタリウムや神話が特に大好き。また行きたくなった。2015/11/16

きみ

2
プラネタリウムに行きたくなります。2013/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6086489

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。