電子工作が上達するセンサーのきほん

個数:

電子工作が上達するセンサーのきほん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月01日 12時10分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416110027
  • NDC分類 501.22
  • Cコード C0054

内容説明

センサーを使いこなし電子工作のいろいろなワザを身につけよう。

目次

世の中で活躍する電子回路
センサーってなんだ?
感じることとは?
ナンセンスなセンス
人間の五感について
視角について
聴覚について
触覚について
味覚、嗅覚について
人間が感じられないセンサー〔ほか〕

著者等紹介

伊藤尚未[イトウナオミ]
1987年、筑波大学芸術専門学群総合造形卒。1989年、筑波大学大学院芸術研究科総合造形を修了。ハイテクノロジーアートからメディアアートへの移行期に、光、動き、音を素材として使った数々の現代美術作品を制作、発表。2001年から月刊誌「子供の科学」で電子工作記事を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。