• ポイントキャンペーン

プロが教えるはじめてのNLP超入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 303p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784415310114
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C2011

内容説明

コミュニケーションがうまくなる→なりたい自分になれる→ビジネスでの成長が加速する→イライラやストレスがおさまる。あなたの人生を大きく変える実践的心理学。

目次

1 NLPで解決できること実現できること
2 NLP(神経言語プログラミング)のしくみ
3 ラポール(信頼関係)形成のテクニック
4 メタモデルで「聞き」ミルトンモデルで「話す」
5 NLPで自分自身とコミュニケーションする
6 NLPで「なりたい自分」になる
EXTRA PART LABプロファイルで、「言葉」を使いこなす

著者等紹介

芝健太[シバケンタ]
1971年奈良県生まれ。(株)ジーニアス・ブレイン代表取締役CEO/NLP‐JAPANラーニング・センター代表。一般財団法人NLP協会代表理事。ビジネスで使えるNLPの日本における第一人者。日本・海外における主要なNLP団体の5つのプラクティショナーコース、そして、5つのマスタープラクティショナーコース、さらには5つのトレーナーコースを修了している。前職のサラリーマン時代には、業績の落ちていた年商9億の弱小事業部門を2年で累計47.5億円にまで売り上げを伸ばし、社内に革命を起こした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐藤一臣

15
自己啓発本ですが、言っていることは最もで、特にラポールの形成は非常に重要だと思います。ただしこれは対人関係における部分です。自己の形成に関する部分はあいまいでした。ということは、自己の形成を徹底的に思考した後でのみ効果が現れるような気がします。NLPは3人の心理療法家のイイとことりシステムですから継ぎはぎ型ですね。その印象がこの書籍からも感じ取れます。普通の人には効果がないんじゃないかな。もともとベトナム帰還兵のPTSD障害用に作られたものを加工し直した時点で売らんかなの思想も見えるような気が。。。2017/04/14

Takayuki

4
NLPの入門書としては、非常に読みやすい。NLP-JAPANラーニング・センターの代表を務める著者の書籍ということで、手に取ってみた。分かりやすい記述で、学問である心理学の敷居を大きく下げてくれる。実践的な手法もいくつか掲載されていて、非常に参考になった。特に、「自分自身とのコミュニケーションする」や「なりたい自分になる」の章は、まさに今の自分が求めていたもの。きちんと時間を設けて改めて実践してみたい。NLPは、まだまだ奥が深そうである。概要は理解できたので、次は、もう少し上級編の書籍を読んでみよう。2013/09/08

にこにこ

3
取引先の方から「この前営業研修でやったんだけどNLP勉強したらいいよ」とオススメ頂いたので、とりあえず一冊。セラピーの技術をわかりやすく教えてくれています。ちょっと手を焼いているこどもの対応にこれはイイワ~。2015/09/09

emipuuuu

3
著者のNLP体験談が多い印象。セクション別に分類されて、分かりやすい解説がされているのでまさに入門編。前に読んだ本と読む順序を逆にしたら良かった。私は音で物事を記憶するタイプらしい。という事で、悪い思い出は、いい音と共に上書き!!協力会社さんの面談という格好の機会があったけど、うまく活用できず。うーん、悔しい。2011/12/27

ムンムン

2
随所に自己啓発チックな表現が出てきて、むず痒い感じはあるが…part3、4はとても参考になる。いわゆる対人関係におけるラポール形成の方法を述べているpartだ。 それ以外のpartでは自分自身との対話も触れており、NLPは対人・対自両方に効果がある心理学であるとわかった。 『「良い質問」をする技術』や『ハーバードの自分を知る技術』も合わせて読むと自分との対話がより深まるのではないか。 「失敗は存在しない。ただフィードバックがあるだけ」という言葉は心に留めておきたい。2017/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4496876

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。