成美文庫
沖田総司―物語と史蹟をたずねて (〔改訂〕)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 326p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784415070476
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0123

内容説明

新撰組きっての剣客沖田総司は、必死の思いで白刃のもとをかいくぐり、京洛の巷に反幕浪士を斬りつづけた。そして、ろうがい(肺結核)という死病にからだをむしばまれ、血を吐きながら二十五歳という若さでむなしく死んでいった。歴史の中の新撰組、新選組のなかの沖田という視点から、天才剣士沖田総司の“血の詩”“青春の軌跡”を描く。

著者等紹介

童門冬二[ドウモンフユジ]
1927年東京生まれ。東京都庁に務め、広報室長、企画調整局長等を歴任後退職
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小雀……あんまり大丈夫じゃないw

1
沖田総司の物語を写真や史実と併せながら読める作品。

夕葉

0
沖田総司の本の中で、最も気に入っています!! 山南敬助との会話や、他の新撰組の方々との関係が好きです。 史跡についての解説もあり、とても楽しく読めました!!

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/235354

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。