成美文庫<br> 最後の幕臣 勝海舟

成美文庫
最後の幕臣 勝海舟

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 262p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784415068633
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0123

内容説明

江戸無血開城によって百万の江戸市民の命は救われたが、徳川を売った男として旧幕臣からは恨みを買う。ペリー来航以来の外圧の中で海軍創設の必要を説き、幕臣でありながら幕藩体制の矛盾を批判し、雄藩連合による共和政治を唱えた勝海舟の国家観、人生観の本質に迫り、巨視的な時代認識で明治維新政府への橋わたしを最後の幕臣の姿を描く。

目次

苦難の若き日
洋学への接近
大洋を駆ける雄魂
日本政体変革の季節
薩長割拠のころ
地すべりをはじめた歴史
虚々実々の政争
日本内乱への道
江戸は燃えず
われ毀誉にあずからず

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっちさん

0
勝海舟の生き様を知った。自己顕示欲が強く、上司に媚び諂う事なく、能力主義に拘り続け邁進していく姿勢に感動。2015/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/280084

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。