鳥居元忠

鳥居元忠

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 417p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784415067056
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

幼き頃より苦楽を共にし、徳川家康のすべてを知りつくし同じ夢を見て、幾度もの死を覚悟しての戦場往来…。時来たり、天下分け目の決戦を挑発すべく、必死の伏見城籠城を、最後の奉公と肝に銘じた闘将・鳥居元忠の生き様。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Meisha

0
家康など表舞台で活躍した人ならともかく、その家来なので史料が少なくさしたる話もなく進んでいく。やっぱり話にするのは難しいのか・・・ただ、とにかく壮絶な最期を遂げる伏見城での戦のためにここまで書いてきましたという感じだった。伏見城は捨て駒だが、絶対的に重要な箇所。勝つためにはこの決断をしなければいけない家康は辛かっただろう。それを察して進んで受けた元忠の武士の信念、男気に心が滾る。2011/12/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2123394

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。