ゴッフマンの社会学<br> 出会い - 相互行為の社会学

個数:

ゴッフマンの社会学
出会い - 相互行為の社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 05時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 xiii/高さ 20cm
  • 商品コード 9784414518023
  • NDC分類 361.44

出版社内容情報

◇ 解 説 ◇
焦点の定まった集まりという概念の導入により対面的相互行為を詳細に分析した「ゲームの面白さ」と,伝統的な役割理論をこえて独自の研究局面を切り拓いた「役割距離」の二論文よりなる,初期ゴッフマンの代表作。

◇ 目 次 ◇
ゲームの面白さ
 序章
 形成化
 出会いのダイナミクス
 面白さの基盤
 結論

役割距離
 役割概念
 役割枠組みの限界
 状況にかかわりのある活動システム
 表現の問題
 役割距離
 役割距離と真面目な活動
 活動システムとしての外科手術
 外科手術と役割距離の機能
 自己の同時的な多元性
 結論