ブラック校則―理不尽な苦しみの現実

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ブラック校則―理不尽な苦しみの現実

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月24日 06時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784491035574
  • NDC分類 375.2
  • Cコード C0036

出版社内容情報

地毛が茶色なのに黒く染めさせられる、服装や下着の色まで強制される…子どもを苦しめるブラック校則の現実を変えていくためにはいま、なぜ校則が問題なのか?





?「校則問題はもう遠い昔の話なのでは?」



「今の子どもたちはのびのびと過ごしているのでは?」



?実は…





背景を変えながら、いまも

理不尽なブラック校則は子どもたちを苦しめ続けている



?

 2017年、生まれつき髪が茶色の高校生が学校から髪を黒く染めるよう強要され、精神的苦痛を受けて不登校になったことから裁判を起こした。?この報道をきっかけに行われた全国的な調査から見えてきたのは、生まれつき茶・金髪の高校生の2割が黒く染めさせられている、女子生徒の下着の色を検査され、没収さえされるといった「ブラック校則」の現状だった――





○体操着の内側に下着着用禁止

○日焼け止めやリップクリームの禁止

○「おしゃれ」だからタイツの着用は禁止

○女子生徒の下着の色を検査され、没収さえされる

○指導対象の生徒に授業を受けさせない

○年功序列で非合理的な「部則」

○以前よりも増加している「厳格な指導」

 ………

?





 子どもたちの理不尽な苦しみが、子どもたちの、そして社会の未来の足かせとなっている。その現状を、どのように変えることができるのか。

 2017年の裁判をきっかけに発足した「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」による詳細な統計データや苦しむ子ども・保護者の声のほか、司法・貧困・トランスジェンダーなどの多様な論点、そして保護者・教師自身からみた校則の問題など、多様な論点からブラック校則の現状と、その解決策を探る。

 巻末には荻上チキ・内田良による対談のほか、頻繁に問われる校則への誤解を解きほぐした「想定問答」を収録。

はじめに





第1部 調査から見えるブラック校則の現在

 第1章 データで見るブラック校則  荻上チキ・岡田有真

 第2章 ブラック校則の具体事例  荻上チキ 





第2部 子どもたちの理不尽な苦しみ



 第3章 子どもの安全と健康が脅かされる  内田 良

 第4章 司法から見る校則  真下麻里子

 第5章 校則が及ぼす経済的な負担  渡辺由美子

 第6章 当事者研究からみた学校の生きづらさ  綾屋紗月

 第7章 校則に内在する性規範  増原裕子



第3部 ブラック校則をなくすには



 第8章 制服の「あたりまえ」を問いなおす  内田康弘

 第9章 命を追いつめる校則  大貫隆志

 第10章 教師が見る校則の功罪  原田法人

 第11章 保護者から見る校則  大塚玲子

 第12章 学校だけが悪者なのか?  内田 良



対談 ブラック校則から「ホワイト校則」へ 荻上チキ × 内田 良



ブラック校則 想定問答



 ○ ブラック校則といっても、昔に比べたらたいしたことない!

  ○ 校則は学校のルールを守るために必要だ!

  ○ 校則は学校との決まりごと。それが嫌なら学校をやめればいい!

  ○ 社会に出たら理不尽なことが待っているのだから、学生のうちになれるべき!

  ○ 日本人は黒髪、そうでない生徒は染めているのでは? みんなで揃えることが大事だ!

  ○ 成績上位校はともかく、成績低位で荒れている学校は厳しく指導しないと改善しない!

  ○ 学校は遊んだりおしゃれをするところではないから、取り締まるのは当然!

  ○ 生徒が華美な服装で痴漢にあったらどうする? 厳しく取り締まったほうが子どものためだ!





おわりに

荻上チキ[オギウエチキ]
編集

内田 良[ウチダリョウ]
編集

内容説明

“生まれつき茶・金髪の高校生の2割が黒く染めさせられている”“女子生徒の下着の色を検査され、没収さえされる”“指導対象の生徒に授業を受けさせない”“年功序列で非合理的な「部則」”その指導に合理的な理由はあるのか?どのようにブラック校則を変えていけるのか?

目次

第1部 調査から見えるブラック校則の現状(データから見るブラック校則;ブラック校則の具体事例)
第2部 子どもたちの理不尽な苦しみ(子どもの安全と健康が脅かされる―校則がもつ二面性から考える;司法から見る校則;校則が及ぼす経済的負担 ほか)
第3部 ブラック校則をなくすには(制服の「あたりまえ」を問いなおす;命を追いつめる校則;教師から見た校則の「功罪」 ほか)
対談 「ブラック校則」から「ホワイト校則」へ(荻上チキ×内田良)
ブラック校則想定問答

著者等紹介

荻上チキ[オギウエチキ]
評論家。「ブラック校則をなくそう!プロジェクト」スーパーバイザー。著書多数。TBSラジオ「荻上チキSession‐22」メインパーソナリティ。同番組にて2015年ギャラクシー賞(ラジオ部門DJ賞)、2016年にギャラクシー賞(ラジオ部門大賞)を受賞

内田良[ウチダリョウ]
名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授。スポーツ事故、組み体操事故、「体罰」、教員の部活動負担や長時間労働などの「学校リスク」について広く情報を発信している。ヤフーオーサーアワード2015受賞。著書に『「児童虐待」へのまなざし』(世界思想社、日本教育社会学会奨励賞受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

GAKU

48
何でこんな校則必要なんだ⁉読んでいてムカついてきた!2019/02/09

ゆう。

41
なぜ学校において校則というものがり、それが子どもの生活を縛る規則となっているのか、あらためて考えることができたように思います。まもることが優先され、その内容を吟味せずにいることが多いのではないでしょうか。多様性が尊重されるべき社会であらためて校則を見直す必要性を痛感します。そもそも憲法や子どもの権利条約よりも校則をまもることが優先されていること自体がおかしなことです。子どもの発達にとって校則がどのような意味合いがあるのか、その合理的理由も考える必要があると思います。2018/09/22

香菜子(かなこ・Kanako)

28
ブラック校則 理不尽な苦しみの現実。萩上チキ先生と内田良先生の著書。度を過ぎた理不尽な校則、ブラック校則は生徒に対する人権侵害そのもの。それを守らせなくてはいけない教師にとっても理不尽な苦しみを与えているだけ。文部科学省の指導体制に問題があると思う。2018/10/09

ステビア

23
校則らしい校則がないところに行ってたからこんなに無意味で気持ち悪いものが存在することに驚いた。実に無駄2022/02/24

ふぇるけん

13
今の時代にこんな校則がまかり通っているということがそもそも驚きだった。男性教師が女子生徒の下着をチェックするとか、セクハラ以外の何物でもない。高校生にもなっておしゃれしちゃダメ、ってそれが学業に何の関係があるのだろう。一日も早くこんな理不尽な校則がなくなる日を望む。 ちなみにうちの高校は制服なし、髪染め・パーマ自由でした。まあ、寮と学校が隣接している男子校だったので、つっかけ禁止とか、パジャマ登校禁止とか、最低限のルールはありましたが(笑)2018/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13030392

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。