誠信フロイト選書<br> 精神分析の考古学―親密性と社会的苦悩

個数:

誠信フロイト選書
精神分析の考古学―親密性と社会的苦悩

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784414426076
  • NDC分類 146.1

内容説明

本書は、病める心の処遇の歴史を中世から19世紀までたどり、世紀末ウィーンの社会的―文化的状況にもふれて、精神分析誕生の背景を見事に描きだすと同時に、何故にジャネの無意識ではなくフロイトの無意識が、フロイト以前の性科学ではなくフロイトの性理論が人間科学に革命をもたらすために必要であったかを鮮やかに浮かびあがらせて、「フロイトの独創性は神話である」という近年のおしゃべりに終止符を打つ。

目次

序論 精神分析の百年
狂気の世俗化
悪魔憑きの医学化
再神秘化対科学化
リエボー、ベルネーム、シャルコー 催眠と医師の権力
精神分析の前地における「神経衰弱の近代的治療」
ピエール・ジャネと無意識の発見
ベルタ・パッペンハイムあるいは医師―患者―関係の逆転
フロイト―了解のための奮闘と概念把握の厳密な科学性
解釈学的経験科学の前段階
無意識

ある幻想の終わり―出来事の診断から体験の分析へ