がんと心理療法のこころみ―夢・語り・絵を通して

個数:

がんと心理療法のこころみ―夢・語り・絵を通して

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月06日 08時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 320p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784414416671
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C3011

目次

がんと異界
基本姿勢
事例研究という方法
異界への扉としての夢
闇の中で
異界の構造―細井美雪さん(三十代女性、急性骨髄性白血病)
異界の水準―一宮浪子さん(五十代女性、肺がん)
異界の風景―冴木絵利さん(二十代女性、神経系悪性腫瘍)
夢と現実―吉本美砂さん(二十代女性、急性骨髄性白血病)
道行き―白井笑美子さん(三十八歳女性、縦隔腫瘍→急性白血病)
基礎を固める―桜木妙子さん(四十代女性、慢性骨髄性白血病)
一期一会―酒井悟さん(七十代男性、慢性好酸球性白血病)
ウロボロス―馬場松五郎さん(六十代男性、悪性リンパ腫)
死と再生―光田静子さん(四十代女性、急性骨髄性白血病)
がん治療における心理療法のモデル

著者等紹介

岸本寛史[キシモトノリフミ]
1966年鳥取市に生まれる。1991年京都大学医学部卒業。2004年富山大学保健管理センター助教授。2007年京都大学医学部附属病院准教授。現在、静岡県立総合病院緩和医療科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。