青春新書プレイブックス<br> やってはいけない山歩き

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり

青春新書プレイブックス
やってはいけない山歩き

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月27日 04時42分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 228p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413210690
  • NDC分類 786.1

内容説明

高尾山や“日帰り登山”で遭難した人は、何が間違っていた?準備、装備・持ち物、歩き方、情報の使い方etc.安心して山を歩ける基本をコンパクトに解説!

目次

1章 なぜ、高尾山や都会近くの低山で“遭難”が増えているのか?
2章 危なっかしいのは…こういう人です
3章 本格登山でなくても“山は山”です
4章 「スマホやネットがあるから、まぁいいか」は危険すぎます
5章 「疲れない・転ばない歩き方」も町とはこんなに違います
6章 “山のプロ”ほど外さない服装・持ち物の選び方
7章 「出かける前の準備」で10倍楽しくなります
8章 ビギナーでも歩ける!魅力たっぷりの名山6ルート

著者紹介

野村仁[ノムラヒトシ]
1954年、秋田県生まれ。中央大学卒業。登山、クライミング、自然・アウトドアなどを専門分野とする編集者・ライター。登山技術、山岳遭難関連の執筆を長年にわたって続ける。編集事務所「編集室アルム」主宰。山の文化を研究する日本山岳文化学会常務理事、遭難分科会、地理・地名分科会メンバー。学生時代から社会人山岳会で登山技術を学び、以後、里山歩きからテント泊縦走まで、幅広く登山を行なっている。登山歴40年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

読まなければ危険に直結する最新チェックポイントまで、全国の低山を知る著者が明かす。ハードルの低さが受け、山歩きビギナーが急増している。しかし山歩きはれっきとしたスポーツ。ハイキング気分だと高尾山(599m)より低い山でも遭難・ケガのリスクがいっぱいだ。「国土地理院の地図だから安心」「夕方までに下山するつもり」「ジーンズ・スニーカーに折りたたみ傘」など基本的なNGポイントから、「クマよけ鈴は逆効果」「スマホの地図が道迷いの原因に」など、読まなければ危険に直結する最新チェックポイントまで、全国の低山を知る著者が明かす。

野村 仁[ノムラヒトシ]
1954年、秋田県生まれ。1990年ごろより『山と渓谷』などを中心に活動している編集者・ライター。この5年ほどは、山岳遭難関係の記事を中心に執筆している。学生時代に登山を始め、登山歴は約30年。最近数年間はフリークライミングに熱中。里山歩きからテント泊縦走まで、幅広く登山を行なっている。日本山岳文化学会理事(遭難分科会、地名分科会メンバー)、編集室アルム代表。