青春新書プレイブックス<br> 老けない人の免疫力

個数:
  • ポイントキャンペーン

青春新書プレイブックス
老けない人の免疫力

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 21時14分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413210126
  • NDC分類 491.8

内容説明

「年を重ねる=衰える」ではありません!世界的権威が自ら実践!本当に正しい健康習慣。こうすれば、もっと「自分の身体の声」が聞こえてきます―カラダじゅうの細胞が元気になるヒントが満載!

目次

新書版のための序章 「年を重ねる=衰える」ではありません
1章 日本人の“常識”は間違いだらけ
2章 クスリに頼らないほうが健康になれる
3章 今日から「老けない生き方」に変わるヒント
4章 身体を温める食事でみるみる若返る!
5章 免疫力が上がれば、もう病気は怖くない
6章 「生きる力」が強くなる習慣

著者紹介

安保徹[アボトオル]
1947年青森県生まれ。新潟大学名誉教授。医学博士。72年、東北大学医学部卒業。80年、米国アラバマ大学留学中に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製、「Leu‐7」と命名。89年、「胸腺外分化T細胞」を発見し、96年に、白血球が自律神経のコントロール下にあることを世界ではじめて見出した。99年、マラリア感染の防御が胸腺外分化T細胞により行われていることを発見。2000年、胃潰瘍の原因は顆粒球にあるという説をアメリカ専門誌に発表。細胞レベルから免疫のメカニズムを解き明かし、最前線で活躍を続ける世界的免疫学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

健康診断の数字に一喜一憂するよりも、本能を信じて体の声を聞いて対応するのが、老けない人になる生き方である。

38億年、進化し続けてきた私たちの体は、決して間違えない。体を守るために正しい反応をする。健康診断の数字に一喜一憂するよりも、本能を信じて体の声を聞いて対応するのが、老けない人になる生き方である。「血圧を下げたければ血圧を測るな」「若さを保つ食べ方」をはじめ、老けないための睡眠、入浴、クスリ、働き方、心の持ち方などを、世界的免疫学者がナビゲートする。

【著者紹介】
1947年青森県生まれ。新潟大学名誉教授。医学博士。72年、東北大学医学部卒業。80年、米国アラバマ大学留学中に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製、「Leu‐7」と命名。89年、「胸腺外分化T細胞」を発見し、96年に、白血球が自律神経のコントロール下にあることを世界ではじめて見出した。99年、マラリア感染の防御が胸腺外分化T細胞により行われていることを発見。2000年、胃潰瘍の原因は顆粒球にあるという説をアメリカ専門誌に発表。細胞レベルから免疫のメカニズムを解き明かし、最前線で活躍を続ける世界的免疫学者である。