青春文庫<br> 図説「生きる力」は日本史に学べ―一人の男に注目してこそ、人生はおもしろい

個数:

青春文庫
図説「生きる力」は日本史に学べ―一人の男に注目してこそ、人生はおもしろい

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 02時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784413096584
  • NDC分類 281.04
  • Cコード C0121

出版社内容情報

過去を知り、現在がわかれば、未来が読める。人生の指針を発見できる一冊。戦乱の世をその才覚で生き延びた真田昌幸の「戦略力」。実力を蓄え、来るべき時に備えた徳川家康の「凡人力」。心の底から「ついていきたい」と思わせた西郷隆盛の「人心掌握力」…彼らの行動は日本の歴史上どんな意味を持ち、歴史をどう変えることになったのか。そこから何を学び、どう活かしていくべきなのか。過去を知り、現在がわかれば、未来が読める。人生の指針を発見できる一冊。

加来耕三[カクコウゾウ]
昭和33年、大阪府生まれ。奈良大学文学部史学科卒業後、同大学文学部研究員を経て、現在は歴史家・作家として著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組出演多数。

内容説明

本書では、日本史上の人物たちの生き様を追いながら、現代を生きる我々が汲み取りたい生の“真髄”を明らかにしていきます。彼らの行動や発言は日本の歴史上どんな意味を持ち、歴史をどう変えることになったのか。そこから何をどう学び、活かしていくべきなのか―。人生の指針を発見できる一冊です。

目次

1 「奇跡」の章
2 「栄光」の章
3 「戦略」の章
4 「突破」の章
5 「逆転」の章
6 「運命」の章

著者等紹介

加来耕三[カクコウゾウ]
昭和33年(1958)、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科卒業後、同大学文学部研究員を経て、現在は歴史家・作家として著作活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mr.チャーリー

50
教科書で学んだ歴史上の人物像は、ほんの一面にすぎないんだなぁと改めて感じました。本書から様々な人物の、これまで僕自身が知らなかった人間性を教えてくれました。今でも通ずる考え方やマネジメント、生き方が見えてきます。戦国武将だけでなく、文化人など多彩な人物を取り上げいて、もっとこの人物を知りたくなるきっかけにもなる本です。2018/01/04

舞人(maito)

13
年初1冊目に選んだのは、久々に歴史を今に活かすことをストレートにテーマ立てしてきた本。加来さん著書だけだって、やや解釈にクセがあるものの、わかりやすくよどみがない文章はいつ読んでもおもしろい。特に本書は、現代に役立つポイントと歴史人物を無理矢理感無く結びつけて、徹底的に分析してきているので、これまで以上に学びが多い。この手の本はあんまり好きではないのだが本書は別。歴史をただの知識にしないために、是非読んでもらいたい1冊だ。2017/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11211775

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。