青春新書インテリジェンス<br> 60歳からの新・投資術―「年金+月3万円~10万円」で人生が豊かになる

個数:
電子版価格
¥990
  • 電書あり

青春新書インテリジェンス
60歳からの新・投資術―「年金+月3万円~10万円」で人生が豊かになる

  • ウェブストアに272冊在庫がございます。(2024年07月19日 15時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413046978
  • NDC分類 338.12
  • Cコード C0233

出版社内容情報

老後生活を豊かにする、60歳からでも十分間に合う投資術。「キャッシュフロー資産」+「取り崩し戦略」を上手に活用して、「年金+月3万~10万円」で老後の安心を手に入れつつ、資産寿命を延ばしながら、100歳までに上手に資産を使い切る運用ノウハウを大公開! 目指す老後生活や資産状況に応じた「5つの運用プラン」もリアルに提案する超実用的な一冊。

内容説明

いま老後資金が足りていなくても定年・再雇用で収入が減っても大丈夫!「資産寿命を延ばす」と「お金を有意義に使う」をバランスよく実践する資産形成・取り崩しノウハウを公開。

目次

第1章 60歳から投資をしないほうがリスキーな時代
第2章 安心の老後生活に向けた、60歳からのコア・サテライト戦略
第3章 資産寿命を延ばしながら上手に使い切る!?賢い出口戦略
第4章 60歳からの投資で検討したい金融商品
第5章 70歳からの資産取り崩し“運用モデル・シミュレーション”
終章 必ず来る相場暴落の時、どうする?

著者等紹介

頼藤太希[ヨリフジタイキ]
マネーコンサルタント。(株)Money&You代表取締役。中央大学商学部客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生命保険会社にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に創業し現職へ。日本年金学会員。日本証券アナリスト協会検定会員。宅地建物取引士。ファイナンシャルプランナー(AFP)。日本アクチュアリー会研究会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
定年後の収入源:年金・勤労収入・資産運用収入 コア・サテライト戦略=資産全体をコアとサテライトに分け運用 コア:サテライト=7:3 投資の王道:長期・積立・分散 資産寿命を延ばし100歳でゼロを目指す出口戦略 前半定率・後半定額で取り崩し タイムバスケットでやりたいこと明確化 70歳までにお金を増やす:ファンド・ETF・日本/米国株 70歳以降のキャッシュフロー資産:高配当株・高配当株ETF/ファンド・再建ファンド/EFT・REIT 安全資産:定期預金・変動10年国債 資産・キャッシュフローを生む資産へ2024/07/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21977578
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。