青春新書インテリジェンス<br> 自由とは、選び取ること

個数:
  • ポイントキャンペーン

青春新書インテリジェンス
自由とは、選び取ること

  • 村上 龍【著】
  • 価格 ¥921(本体¥838)
  • 青春出版社(2013/02発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年03月31日 17時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 187p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413043878
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0295

内容説明

就職難、年収と結婚、モチベーションとマイナス思考、家族の喪失…日本人の切実な悩みと向き合う。

目次

序章 “不安”は“自由”であることの代償でもある
第1章 今「生き延びる」のは、決して簡単ではないです―「働くこと」についての選択と自由
第2章 男は、女を巡って憧れと支配欲の間で揺れ動きます―「恋愛・結婚・家族」についての選択と自由
第3章 人生でもっとも恐ろしいのは失敗ではなく後悔です―「お金」についての選択と自由
第4章 不安に耐え、恐怖と闘わなくてはいけないこともある―「これから」についての選択と自由
第5章 人生を賭けるようなものは、探しても見つかりません―「生きること」についての選択と自由

著者等紹介

村上龍[ムラカミリュウ]
1952年、長崎県生まれ。76年、武蔵野美術大学在学中に『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人生でもっとも恐ろしいのは失敗することではなく後悔することだ―何を選択すべきかそれは自由だがそこにはどんなリスクがあるのか。

人生でもっとも恐ろしいのは、失敗することではなく後悔することだ―何を選択すべきか、それは自由だが、そこにはどんなリスクがあるのか。人気連載待望の単行本化。

【著者紹介】
作家。1952年長崎県佐世保市生まれ。武蔵野美術大学中退。76年『限りなく透明に近いブルー』で芥川賞受賞。執筆活動のほか、テレビ東京系列「カンブリア宮殿」でも司会を務める。