青春新書インテリジェンス<br> 突破する力―希望は、つくるものである

個数:

青春新書インテリジェンス
突破する力―希望は、つくるものである

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年05月23日 06時24分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 187p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413043069
  • NDC分類 914.6

内容説明

孤独を友として仕事と向き合った時間は、けっして自分を裏切らない。ギリギリまで自分を追い込めば仕事力が磨かれて、それが閉塞状況を打ち破る武器になる―道路公団民営化をはじめ、作家として、東京都の副知事として、さまざまな世間の“壁”を突き破ってきた著者が、自らの体験を踏まえて綴る、人生を面白くする本気の仕事&生き方論。

目次

1 壁を打ち破るには“頭”を使え―不安な時代を「図太く生きる」章(スペシャリストでもゼネラリストでもない生き方;“和を貴ぶ”先に待っているもの ほか)
2 自分の最大の武器は、弱点の中にある―「自分らしさ」を磨き込む章(自分の武器は“弱点”の中にある;将来不安のために“何に”投資すべきか ほか)
3 成果につながる努力、無駄に終わる努力―人生を面白くする「本気の仕事力」の章(“小よく大を制して”勝つ唯一の方法;出遅れたからこそチャンスがある ほか)
4 10人の知人より、1人の信頼できる味方―「本物の人間関係」を築く章(結果を残す人の、ある共通点;部下が使えないのか、部下を使えないのか ほか)
5 いくら稼いだかなんて、二流の発想―「人生」と「仕事」の究極の目的の章(ネットの“いかがわしさ”に未来あり;いくら稼いだかなんて、二流の発想 ほか)

著者紹介

猪瀬直樹[イノセナオキ]
作家。1946年、長野県生まれ。日本の近代を主軸に、数々の話題作を著し、87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞、96年『日本国の研究』で文藝春秋読者賞をそれぞれ受賞。2002年、小泉政権下で、道路公団民営化推進委員を務め、道路公団の民営化を実現。06年10月、東京工業大学特任教授、07年6月には、東京都副知事に任命される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)