まんが図解 まるかじり!資本論

個数:

まんが図解 まるかじり!資本論

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年10月18日 22時41分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 159p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784413039345
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0033

内容説明

ラーメン屋「トントンケン軒」で元気に働く高橋ひがしに、厳しい現実が待っていた。さらなるコストカットのため、時給を下げるか、辞めさせられるというのだ…なぜ頑張っても報われないのか、解決の糸口はどこにあるのか、ヒントは150年前の『資本論』にあった!―まんがと図解で『資本論』をまるごと理解できる一冊!

目次

第1章 『資本論』はどうやって生まれた?(ところで『資本論』ってどんな本?;『資本論』を書いたマルクスってどんな人?;マルクスのここがすごい!1 哲学者としての横顔;マルクスのここがすごい!2 革命家・ジャーナリストとしての横顔;マルクスのここがすごい!3 経済学者としての横顔)
第2章 ざっくりわかりたい人のための『資本論』入門(そもそも商品の「価値」ってどうやって決まるの?;商品の価値はどうして「お金」で表されるようになった?;お金は商品と一緒に生まれる双子の兄弟?;ところで「お金」っていったい何モノ?;「お金」はどこで「資本」に変わる? ほか)

著者等紹介

的場昭弘[マトバアキヒロ]
1952年、宮崎市生まれ。神奈川大学経済学部定員外教授。慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士。中学生のころにマルクスの『資本論』に出会い、以後40年マルクスの研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界中で大論争を巻き起こしているトマ・ピケティ『21世紀の資本』を読み解くためにも押さえておきたいもの。

なかなか給料が増えないのはなぜか、なぜ格差が広がるのか……いまの現状の訳を知り解決策を考えるためには、資本主義のシステムを解き明かす『資本論』が役に立ちます。世界中で大論争を巻き起こしているトマ・ピケティ『21世紀の資本』を読み解くためにも押さえておきたいもの。とはいえ『資本論』は難しすぎて手がでない、挫折したという人も多いでしょう。そこで本書では、いま再び注目されること必至の『資本論』をまんがと図で解説。これなら誰でもざっくりわかる一冊です!

【著者紹介】
1952年、宮崎市生まれ。神奈川大学経済学部教授。慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士。著書に『超訳「資本論」』(祥伝社)、『一週間 de資本論』(日本放送出版協会)、『マルクスだったらこう考える』(光文社)などがある。