“脱グローバル化”が日本経済を大復活させる

個数:
  • ポイントキャンペーン

“脱グローバル化”が日本経済を大復活させる

  • 三橋 貴明【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 青春出版社(2012/12発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、10日程度で出荷されます。
    ※出荷が遅れたり、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、10日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784413038683
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0033

内容説明

「グローバル化の流れに乗り遅れるな」―。こうした“グローバリズム絶対論”によってもたらされたのは貧困と失業、そして所得の減少だけだった…。メディアを賑わす注目の経済評論家が、国民所得の観点から「脱グローバル」を説き明かす。

目次

第1章 グローバル化が世界に失業と貧困をもたらす仕組み(現在は“第二次グローバリズム期”;各国の規制や法律をも変えてしまう ほか)
第2章 壮大な失敗に終わった、ユーロという“究極のグローバル化”(緊縮財政はデフレ推進策;大企業が脱出し始めたスペイン ほか)
第3章 「所得の増大」こそ日本に本当の豊かさをもたらす(デフレは民主主義に危機をもたらす;「極端なこと」を言う人に要注意 ほか)
第4章 日本経済を大復活に導く“お金の好循環”(所得を生み出すお金は「常に」ある;お金の流れがわかるシミュレーション ほか)
第5章 脱グローバル化で所得と雇用を取り戻す!(貿易とは国同士の「雇用と所得の奪い合い」;グローバル企業は誰のためにあるのか? ほか)

著者等紹介

三橋貴明[ミツハシタカアキ]
作家、経済評論家、中小企業診断士。1994年、東京都立大学(現首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業ノーテルをはじめNEC、日本IBMなどを経て2008年に中小企業診断士として独立。経済指標など豊富なデータをもとに、経済を多面的に分析する。単行本執筆と同時に、雑誌への連載、寄稿、テレビへの出演、講演活動など多方面で活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

メディアを賑わす注目の経済評論家が、国民所得の観点から「脱グローバル化」を説き明かす。

「グローバル化は止められない。その流れに乗り遅れるな」──。そんな“グローバリズム絶対論”が日本社会の隅々にまで浸透している。だが、それによってもたらされたのは貧困と失業、そして所得の減少であり、多くの人が苦しみ続けている。そして日本では、これから「究極のグローバリゼーション」であるTPPへの加盟への動きが進められようとしている。どうすれば日本経済を復活させ、日本が本来もっている豊かさを享受できるようになるのか。メディアを賑わす注目の経済評論家が、国民所得の観点から「脱グローバル化」を説き明かす。

【著者紹介】
作家、経済評論家、中小企業診断士。1994年、東京都立大学(現首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業ノーテルをはじめNEC、日本IBMなどを経て2008年に中小企業診断士として独立。経済指標など豊富なデータをもとに、経済を多面的に分析する。単行本執筆と同時に、雑誌への連載、寄稿、テレビへの出演、講演活動など多方面で活躍している。