自分の限界を破る図太さの力―打たれ強い己の鍛え方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784413036818
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

内容説明

無能政治、広がる格差、未来崩壊…信じられるのは自分だけ!タフでなければ勝ち残れない。図太さを忘れた日本人へ。

目次

1章 打たれ弱くなった日本人(バネになるような逆境体験がないまま中年に…;死んでしまえば、みないい人になる ほか)
2章 金儲けより自分の値打ちを磨け(子どもと向き合うな、背中で語れ;起業は戦争。副業の延長線上にはない ほか)
3章 図太い自分の作り方(罵倒されても耐えられる心の強さ;「衰える体」と「冴える頭」のバランスをいかにとるか ほか)
4章 世界の図太い国に学ぶ「腹の据え方」(世界のどこでも生き延びられる中国人の逞しさ;決して国家を裏切らなかったチャーチルに学ぶ ほか)

著者等紹介

落合信彦[オチアイノブヒコ]
国際政治ジャーナリスト、作家。1942年1月8日東京都生まれ。アメリカのオルブライト大学、テンプル大学大学院で国際政治学を専攻。インディペンデントのオイルビジネスに従事したのち、ジャーナリストに転身。97年5月、母校オルブライト大学より人文学名誉博士号を授与される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。