子どもを伸ばす5つの遊び―小学生からの「起業家教育」のすすめ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784413032582
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0037

内容説明

「お店を開こう!」お父さん、お母さん、いつでも始められるこんな遊びが子どもの才能を開花させます。全国の小学校で始まる新しい授業。“ビジネス教育”に対応したオリジナルメソッドを公開。

目次

プロローグ 小さい頭のうちに才能を育てよう!(十五歳の起業家を生んだ一台のパソコン;五年生で社長になった女の子のアイデア)
1章 どんな子でも伸びる教え方・導き方―今、注目される「起業家教育」とは何か(「お金」を知らない子どもの危うさ;今までの勉強ではなぜダメになるのか ほか)
2章 おとな社会のルールを遊びから学ばせる知恵―“お店屋さんごっこ”を始めよう(“レモネード売り”の教え;子どもは何をおもしろがるか ほか)
3章 子どもがたくましく育つ5つの遊び―家庭でできる起業家教育の実例(擬似ビジネスという画期的なメソッド;起業家教育の基本プロセスとは ほか)
4章 子どもの「生きる力」を引き出す新たな試み―全国に広がる起業家教育の精神(これからの学校はこう変わる;得意なことで自主性を伸ばす工夫 ほか)

著者等紹介

大江建[オオエタケル]
1940年生まれ。1964年日本大学理工学部物理学科卒業。1972年米国メリーランド大学理学博士号取得。1982年米国コロンビア大学経営学修士(MBA)取得。大江事務所を設立しコンサルタントとして欧米企業の日本進出に携わるほか、日本企業の新規事業の参入にも関わる。1998年より早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。現在、大江事務所代表、社内起業研究会主宰、WERUインベストメント社取締役、早稲田アントレプレヌール研究会代表世話人を務める。主な著書に『なぜ新規事業は成功しないか』(日本経済新聞社)『起業家教育で子どもが変わる』(日本経済新聞社)など

平井由紀子[ヒライユキコ]
早稲田大学商学部、同大学院アジア太平洋研究科国際経営学部卒業。米国の教育機関にてトレーニング受け、起業家教育をはじめとする実体験をもとにした教育手法に着目。その後、アメリカ最大級の留学試験対策校の日本支社においてマネージングディレクターなどを歴任。日本での起業家教育コンテンツの研究、普及を目的に大江建研究室で学び、2000年3月、株式会社セルフウイングを設立。代表取締役に就任。起業家教育、キャリア教育に対しての実体験型学習コンテンツの開発や、その指導者育成事業を展開している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のび

0
前半はとにかく起業家教育や起業家精神の必要性が書かれていて、自分が知りたい内容は、後半の後半でようやく出てきました。2024/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1288291
  • ご注意事項