夏目漱石と鈴木大拙―テクスト行為論的考察

個数:
  • ポイントキャンペーン

夏目漱石と鈴木大拙―テクスト行為論的考察

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 354p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784411022363
  • NDC分類 910.268

目次

序章 問題の設定―イストワール・夏目漱石・鈴木大拙
第1章 時間と運命からの逃亡―『門』
第2章 自供調書の信憑性―『こゝろ』
第3章 自由間接話法と神の視点のアイロニー―『道草』(一)
第4章 内的モノローグとその表現可能性―『道草』(二)
第5章 意識と偶然―『明暗』
第6章 鈴木大拙の即非の論理と『草枕』
第7章 超個の否定作用と生命の時間論
終章 個物の自己性と絶対者

著者紹介

大野晃彦[オオノアキヒコ]
慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。1972~76年フランス政府給費留学生としてパリ第七大学・パリ第八大学言語学科博士課程に留学。1977年横浜市立大学文理学部(仏文専攻)に着任。1981年小場瀬研究奨励賞(日本フランス語フランス文学会)受賞。1981~82年ハーバード大学言語学科客員研究員。現在横浜市立大学名誉教授。慶應義塾大学言語文化研究所兼任所員。専攻、言語表現行為論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)