因果関係を表す接続表現の日中対照研究

個数:
  • ポイントキャンペーン

因果関係を表す接続表現の日中対照研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 18時27分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 303p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784411022356
  • NDC分類 815.1

目次

第1章 先行研究および本研究の立場
第2章 接続表現の表現類型と因果関係の度合いとの関わり
第3章 接続表現の機能および使用範囲の異同
第4章 原因節の焦点化における両言語の異同
第5章 接続表現の使用と主語、述語動詞との関わり
第6章 因果関係を表す複文における接続表現の使用と時間表現との関わり
第7章 因果関係を表す複文における構文モデル
第8章 日本語教育への応用
第9章 結びと今後の課題

著者紹介

新田小雨子[ニッタサヨコ]
1996年留学生として中国より来日。2002年文教大学文学部卒業。2004年早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程修了。2007年早稲田大学大学院日本語教育研究科博士後期課程修了、博士(日本語教育学)。現在、(文教大学、聖学院大学、埼玉県立大学)非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)