一橋大学大学院社会学研究科先端課題研究叢書<br> ジェンダー研究を継承する

個数:

一橋大学大学院社会学研究科先端課題研究叢書
ジェンダー研究を継承する

  • ウェブストアに19冊在庫がございます。(2017年11月20日 01時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 522p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784409241196
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C3036

内容説明

ジェンダー研究の「パイオニア」たちは、どのように学問の道を志し、課題を探究してきたのか。研究中の困難や研究への思い、運動や政治との関係も絡め、後続世代が先達21人に果敢に問う。世代や領域を横断する対話を通じて研究の根幹を継承し、現代的課題を見出すに至る、類例なきインタビュー集。

目次

第1部 新しい学問の創出―女性学・男性学・ジェンダー研究(原ひろ子;井上輝子;金井淑子 ほか)
第2部 歴史を拓く―女性史・ジェンダー史・男性史(もろさわようこ;伊藤康子;加納実紀代 ほか)
第3部 個に寄り添う―セクソロジーからヒューマンセクソロジーへ(池上千寿子;村瀬幸浩)
おわりに―ジェンダー研究の“継承”と当事者性の獲得

著者紹介

佐藤文香[サトウフミカ]
1972年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。博士(学術)。一橋大学大学院社会学研究科教授。専門はジェンダー研究、軍事・戦争とジェンダーの社会学

伊藤るり[イトウルリ]
1954年生。フランス社会科学高等学院社会学専攻博士課程修了(社会学博士)。一橋大学大学院社会学研究科教授。専門は国際社会学、国際移民とグローバリゼーションのジェンダー分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)