一橋大学大学院社会学研究科先端課題研究叢書<br> ジェンダー研究を継承する

個数:

一橋大学大学院社会学研究科先端課題研究叢書
ジェンダー研究を継承する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月27日 20時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 522p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784409241196
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C3036

内容説明

ジェンダー研究の「パイオニア」たちは、どのように学問の道を志し、課題を探究してきたのか。研究中の困難や研究への思い、運動や政治との関係も絡め、後続世代が先達21人に果敢に問う。世代や領域を横断する対話を通じて研究の根幹を継承し、現代的課題を見出すに至る、類例なきインタビュー集。

目次

第1部 新しい学問の創出―女性学・男性学・ジェンダー研究(原ひろ子;井上輝子;金井淑子 ほか)
第2部 歴史を拓く―女性史・ジェンダー史・男性史(もろさわようこ;伊藤康子;加納実紀代 ほか)
第3部 個に寄り添う―セクソロジーからヒューマンセクソロジーへ(池上千寿子;村瀬幸浩)
おわりに―ジェンダー研究の“継承”と当事者性の獲得

著者等紹介

佐藤文香[サトウフミカ]
1972年生。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程修了。博士(学術)。一橋大学大学院社会学研究科教授。専門はジェンダー研究、軍事・戦争とジェンダーの社会学

伊藤るり[イトウルリ]
1954年生。フランス社会科学高等学院社会学専攻博士課程修了(社会学博士)。一橋大学大学院社会学研究科教授。専門は国際社会学、国際移民とグローバリゼーションのジェンダー分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

8
1975年、国際婦人年、第一回世界女性会議。1989年、科研費分科細目に「ジェンダー」を設置するよう最初の要望。2001年、時限設置。03年、常設に。13年から「複合領域」から「総合人文社会」へシフト(自然科学領域が外れる)。17年、「細目」カテゴリに代わって小区分「ジェンダー関連」が設定。「大区分A(人文・社会系)」の中の「地理」「社会学」「政治学」の3つの中区分だけに適用と限定が進む。分科細目「ジェンダー」は01年設置。/女性学は研究の当事者性を強く打ち出し、女であることに正当性を見出してきた。続2018/10/08

ヒナコ

2
日本のフェミニスト・セクソロジストのインタビュー集。戦中生まれの世代も多いことから、旧植民地で生まれたことや戦中・戦後まもない次期の体験なども記録されている。それらの経験や、沖縄・朝鮮半島にルーツを持つフェミニストたちの言葉は感想を持つことさえできないほどのインパクトがあった。 また、上野千鶴子と村瀬幸浩のナラティブの対称性に興味を惹かれた。男が立場を降りるという問題をあっさりと語るセクソロジストの村瀬と、女が男並みに語ることをパフォーマティブに要求するフェミニストの上野。権力について真摯な上野が読めた。2018/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12276460

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。