ゴーストタウンから死者は出ない―東北復興の経路依存

個数:

ゴーストタウンから死者は出ない―東北復興の経路依存

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 313p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409241028
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0036

内容説明

無人にして「死者の出ない街が」、三陸を、福島を、そして日本を覆う前に。復興政策の限界を歴史的・構造的にとらえ、住民主体のグランドデザインを描くためのあらたな試み。

目次

第1章 ゴーストタウンから死者は出ない―日本の災害復興における経路依存
第2章 変わりゆく景色のなかで―宮城県気仙沼の住民活動を通して
第3章 豊かな海辺環境をつくるために―防潮堤問題から見えてきたこと
第4章 被災自治体財政の分析―宮城県南三陸町を事例に
第5章 六年目の原発避難に向けて―福島県富岡住民として、いま思うこと
第6章 福島原発事故の賠償をどう進めるか
第7章 再生可能エネルギーの意志ある波のゆくえ―エネルギー政策の経路依存と構造転換
第8章 支援者は地域創造の主体へと変わるのか―アソシエーションと被災地域
第9章 地域再生のため宗教に何ができるか―ソーシャルキャピタルの視点から
対談 住民主体のグランドデザインのために

著者紹介

小熊英二[オグマエイジ]
1962年、東京都生まれ。東京大学農学部卒業。出版社勤務を経て、1998年、東京大学教養学部総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程修了。専攻は歴史社会学、相関社会科学。現在、慶應義塾大学総合政策学部教授

赤坂憲雄[アカサカノリオ]
1953年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。専攻は民俗学。現在、学習院大学教授。1999年『東北学』を創刊。2011年東日本大震災後、政府の復興構想会議委員を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

無人にして「死者の出ない街」が、三陸を、福島を、日本を覆う前に。

大震災が徐々に忘れられる中、原発避難者には賠償の打ち切りが迫り、三陸では過疎化が劇的に進行している。だが日本には、個人を支援する制度がそもそもない。
復興政策の限界を歴史的、構造的に捉え、住民主体のグランドデザインを描くための新たな試み。

1 ゴーストタウンから死者は出ない   小熊英二
2 変わりゆく景色のなかで   三浦友幸
3 豊かな海辺環境をつくるために   谷下雅義
4 被災自治体財政の分析   宮崎雅人
5 六年目の原発避難に向けて   市村高志
6 福島原発事故の賠償をどう進めるか   除本理史
7 再生可能エネルギーの意志ある波のゆくえ   茅野恒秀
8 支援者は地域創造の主体へと変わるのか   菅野拓
9 地域再生のため宗教に何ができるか   黒崎浩行

対談 住民主体のグランドデザインのために   赤坂憲雄 × 小熊英二

【著者紹介】
小熊英二(おぐま・えいじ)1962年生まれ。慶応義塾大学教授。専攻は歴史社会学。著作に『社会を変えるには』『1968』『平成史』など。