フリーター論争2.0―フリーターズフリー対談集

個数:

フリーター論争2.0―フリーターズフリー対談集

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年05月17日 19時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409240786
  • NDC分類 366.29
  • Cコード C1036

内容説明

多彩なメンバーを迎えての5つの対話。フリーター運動と、生存と労働をめぐる議論のネクストステージ。

目次

1 フリーターの「希望」は戦争か?(「希望は、戦争。」;「希望は、戦争。」批判への再批判 ほか)
2 この生きづらさをもう「ないこと」にしない―プレカリアートな女たち(フリーター問題は女性労働問題である;「自分を専業主婦にしてくれるような男がいない」という悩み ほか)
3 若者はなぜ「生きさせろ!」と叫ぶのか?―多様な生の肯定に向けて(正規雇用者とフリーターの対立?―フリーターズフリーの原点として;年功序列制度vs成果主義 ほか)
4 支援とは何か―野宿者支援のグラデーション(フリーターは野宿者と出会えるか?;「おっちゃんみたいになったらあかん」 ほか)
5 新たな連帯へ―法・暴力・直接行動(活動家とフリーター;労働法の意味と意義―法律を使うことと乗り越えること ほか)