複数の沖縄―ディアスポラから希望へ

個数:

複数の沖縄―ディアスポラから希望へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 437p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784409240670
  • NDC分類 219.9
  • Cコード C3036

内容説明

世界を一つに閉じこめようとするグローバルな力に抗して、新たに浮上してきた沖縄の「移動性」と「複数性」が、いま・ここに開示される。さまざまな立場の著者が、ポストコロニアルの視点から沖縄の過去と現在の意味をとらえた画期的論考群。

目次

暴れるテラピアの筋肉に触れる
1 非対称な出会い(地域自立と石垣島;水兵たちと島人たち、あるいは“治外法権”の系譜学―琉球=沖縄における蒸気軍艦の衝撃をめぐって ほか)
2 海と人の動線(海南小記逍遙―反・陸地主義へ;沖縄県の海外出漁 ほか)
3 漂うひと、流れる歌(基地、都市、うた―沖縄とプエルトリコの人々の経験から;いくつもの「故郷」へ/いくつもの「故郷」から ほか)
4 島々のプレゼンス(越境の前衛、林義巳と「復帰運動の歴史」―歴史記述と過去のはばたき・きらめき・回生;奄美―“島尾の棘”を抜く ほか)

著者紹介

西成彦[ニシマサヒコ]
1955年生まれ。日本、ワルシャワ(1981‐1983と1988‐1989)、サンパウロ(2002)で生活経験あり。現在、教員(立命館大学文学部)

原毅彦[ハラタケヒコ]
1953年生まれ。日本、ボリビア(アンデス高地:1983、85‐86、東部低地:97、98年)、ペルー(アマゾン:1983‐84年、アンデス高地:87年)、ブラジル・コロンビア・ペルー国境地域(93、94、95年)。現在、教員(立命館大学国際関係学部)、東京探検隊隊長

出版社内容情報

沖縄の「移動性」と「複数性」を開示し、ポストコロニアルの視点から沖縄の過去と現在の意味を探る。