家族のゆくえ―新しい家族社会学

個数:

家族のゆくえ―新しい家族社会学

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年10月22日 19時15分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409240588
  • NDC分類 367.3
  • Cコード C3037

内容説明

家族幻想をどう生きるか。現代は、「家族」という領域が独自なものとして存在し、「家族という自意識」が大きくなった時代。家族形態が多様化する変動期のいま、そのありかたの可能性を探る。

目次

1 家族という日常生活―人格崇拝社会の社会病理
2 家族という社会的現実(家族という焦点;家族という関係の成立;家族らしさの共同構築;役割変容の時代の家族関係;家族という無意識―依存と自立の連鎖のなかで ほか)
3 欲望社会における人間関係の病理(セラピーの文化と自己への関心;ナルシシズムの文化と自己聖化の儀式;ヴァルネラブル(弱い)でメランコリックな聖なる個人
生活の仕方としてのアディクション
関係への耽溺と共依存―ロマンティック・ラブ ほか)