世界のアニメーション作家たち

個数:

世界のアニメーション作家たち

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 318p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784409180037
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C1079

内容説明

インタビュー&作品紹介。作家、創作の秘密と自らの来歴を語る。30年にわたり積み重ねた対話。凝縮された時間がいま、ときほぐされていく。

目次

ヤン・シュヴァンクマイエル「アニメーションは触覚的な活動だ」
ミシェル・オスロ「私は北斎を心の師だと思っている」
ルネ・ラルー「アニメーションこそがほんとうの映画だ」
ラウル・セルヴェ「私はルネ・マグリットを怒らせてしまったよ」
スーザン・ピット「最初の『キング・コング』の映画が大好きよ」
ジミー・T.ムラカミ「私は日系人収容所で『白雪姫』を見た」
フレデリック・バック「絵はちいさくてもかまわないんだ」
ニック・パーク「口がないからこそ雄弁なのさ」
エドゥアルド・ナザロフ「アニメ作りには女房の協力が必要だよ」
ユーリ・ノルシュテイン「いつも父への想いが私を追っているのです」
アレクサンドル・ペトロフ「油絵アニメは、最も自然で調和のとれる手法だった」
イジー・バルタ「『笛吹き男』の色彩には苦労したよ」
カレル・ゼマン「ジュール・ヴェルヌの海に、私はあこがれた」
ポール・グリモー「ぼくはジュール・ヴェルヌの生まれ変わりかな」
レイ・ハリーハウゼン「ダイナメーションの映像魔術を話そう」

著者等紹介

小野耕世[オノコウセイ]
1939年東京生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒。映画・マンガ評論家、作家。国士館大学21世紀アジア学部客員教授、日本マンガ学会理事など。熱気球パイロットでもある。2006年第10回手塚治虫文化賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

作家達へのインタビューと作品、来歴を紹介。シュバンクマイエル、ルネ・ラルー、カレル・ゼマン他。