環世界の人文学―生と創造の探究

個数:

環世界の人文学―生と創造の探究

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2021年05月16日 18時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 477p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784409041154
  • NDC分類 002.04
  • Cコード C3010

内容説明

温暖化や感染症など、生きる基盤である地球が揺らいでいる現代、人間の生の営みはどう変わるのか。本書は、哲学、文学、人類学、建築、歴史など、さまざまな分野の研究者たちによる、新たな人文学を拓く試みである。人間中心主義を換骨奪胎し、変転しつづける環世界と人間の関係を追う。

目次

第1部 生の理論的考察(ユクスキュルにとっての“環世界”―人間・認知・外の世界;ユクスキュルの「問い」と「方法」―円環と螺旋の自然学;イマージュ・アニマル―哲学的動物論と環世界 ほか)
第2部 生の諸世界(あらたな環世界をひらく―そして人類学者は腹を下す;多元世界としての森を生きる―インド・西ガーツ山脈における自然保護と在来性;太陽・土・廃棄物―絡まり合いとしての建築 ほか)
第3部 歴史にみる生の実践(地域環境史の自然観論―琵琶湖産フナ属のコード化をめぐって;食糧危機は天災なのか―日本近世の飢饉研究の新視点;たたら製鉄と百姓成立―近世百姓の生業を考える ほか)

著者等紹介

石井美保[イシイミホ]
京都大学人文科学研究所准教授。文化人類学

岩城卓二[イワキタクジ]
京都大学人文科学研究所教授。日本近世史

田中祐理子[タナカユリコ]
京都大学白眉センター特定准教授。哲学、科学史

藤原辰史[フジハラタツシ]
京都大学人文科学研究所准教授。農業史、環境史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。