生命の臨界―争点としての生命

個数:

生命の臨界―争点としての生命

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月23日 09時30分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 306p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409040720
  • NDC分類 460.4
  • Cコード C3010

内容説明

バイオテクノロジーの発達により、根源的再考を迫られる人間概念と生命の倫理。われわれは未曽有の危機とともに、新たな生命論、身体論、人権概念の誕生前夜というスリリングな時代に遭遇している。拡大する問いの圏域、過熱するコンフリクト。科学・哲学・教育・社会・生態から領域横断、融合的にとらえる生命論のハード・コア。

目次

1 医学と科学(松原洋子)(生物医学と社会;「新遺伝学」と市民;病と健康のテクノロジー(市野川容孝との対話))
2 生命と教育(大谷いづみ)(「いのちの教育」に隠されてしまうこと;「問い」を育む)
3 生態(遠藤彰)(「生態遷移」というグランド・デザインの発想;現代の「環境問題」と生態学)
4 生‐政治(小泉義之)(ゾーエー、ビオス、匿名性;生存の争い(立岩真也との対話))

出版社内容情報

バイオテクノロジーの発達により根源的再考を迫られる人間概念と生命の倫理…。多角的、融合的に捉えた生命論のハード・コア。