動物倫理の最前線―批判的動物研究とは何か

個数:

動物倫理の最前線―批判的動物研究とは何か

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2022年07月01日 13時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6変判/ページ数 360p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409031155
  • NDC分類 480.79
  • Cコード C1010

出版社内容情報

動物をめぐる思想はここまで到達した



いまや動物にとどまらず、あらゆる存在の解放をめざす包括的正義の理論へと至った批判的動物研究を始めて本格的に紹介。理論水準を大幅に引き上げるとともに、実践へと誘い、シンガー『動物の解放』以来の衝撃をもたらす力作。



19世紀にはじまり、ピーター・シンガー『動物の解放』をもって本格化した動物擁護、動物解放の理論はその後、多様な社会運動や学問との協力・批判を経て、種を越えたあらゆる抑圧と差別に反対し包括的正義の実現を目指す、強靭な理論=実践へと鍛え上げられた。批判的動物研究と呼ばれ、世界的な隆盛をみせるその潮流は、いまやどんな思想も理論も無視できないものとなっている。本書では批判的動物研究を主に哲学、社会学、ポスト人間主義、フェミニズムの観点から整理、検証し、諸正義を結ぶ領域横断的な解放理論として描き出す。動物をめぐる数々の翻訳を手掛けてきた著者が、渾身の力で放つ初の著書。



◎目次

謝辞



序論

 批判的動物研究

 本書の構成



第一章 動物たちの現状

 食用利用

  肉用牛/乳用牛/豚/乳用牛/産卵鶏/魚介類

 動物実験

  行動研究/医学研究/製品試験 

 動物園と水族館 

 ペット産業



第二章 道徳哲学

 功利主義革命 

  理論の重要性/功利主義アプローチの問題

 動物の権利 

  内在的価値と生の主体/尊重原則から権利の導出まで/

  権利論の実践的帰結/救命ボートの事例

 新福祉主義

  新福祉主義の実害/新福祉主義の元凶

 廃絶主義アプローチ

  単一争点の活動/平和的な脱搾取の啓蒙活動



第三章 社会学

 抑圧理論

 資本主義

  商品化/物神崇拝

 疎外

 構造的暴力

  労働者の逆境/環境破壊

 動物産業複合体

 エコテロリズム



第四章 ポスト人間主義

 人間学、人間主義、人間中心主義 

  人間の名、動物の問い/生贄構造

 生政治

  生政治と生贄構造/動物生政治

 ポスト人間主義の倫理

  ポスト人間的状況/差異と応答/未分化と変成
<

内容説明

19世紀にはじまり、ピーター・シンガー『動物の解放』をもって本格化した動物擁護、動物解放の理論はその後、多様な社会運動や学問との協力・批判を経て、種を越えたあらゆる抑圧と差別に反対し包括的正義の実現を目指す、強靭な理論=実践へと鍛え上げられた。批判的動物研究と呼ばれ、世界的な隆盛をみせるその潮流は、いまやどんな思想も理論も無視できないものとなっている。本書では批判的動物研究を主に哲学、社会学、ポスト人間主義、フェミニズムの観点から整理、検証し、諸正義を結ぶ領域横断的な解放理論として描き出す。動物をめぐる数々の翻訳を手掛けてきた著者が、渾身の力で放つ初の著書。

目次

第1章 動物たちの現状
第2章 道徳哲学
第3章 社会学
第4章 ポスト人間主義
第5章 フェミニズム
終章 総合的解放

著者等紹介

井上太一[イノウエタイチ]
1984年生まれ。翻訳家・執筆家。上智大学外国語学部英語学科卒業。人間中心主義を超える倫理を発展させるべく、執筆活動ならびに関連文献の翻訳に従事。国内外での研究発表や動物擁護団体との連携活動も行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こゆき

2
批判的動物研究(CAS)について詳しく解説した日本で初めての本だと思います。 現代産業に利用される動物たちの現状はもちろん、道徳哲学・フェミニズムなど多岐にわたる内容を、膨大な資料をもとに確かな文章力でまとめ上げ、力強い筆致で読者をグイグイ引っ張ります。 ラクに読める物ではありませんが、沼落ち必至デス! 読んでいて何度も“あぁ、若返って、この先生の元でCASの研究ができたら…”と思いました。 改めて総合的解放の重要性を学ぶと同時に、決して妥協してはならないものを知ることが出来た一冊です。 2022/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19630222

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。