アフターコロナを生き抜く!事業再建のための融資戦略―ゼロゼロ融資返済をのりきる「究極の資金繰り」

個数:
電子版価格
¥2,200
  • 電書あり

アフターコロナを生き抜く!事業再建のための融資戦略―ゼロゼロ融資返済をのりきる「究極の資金繰り」

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年05月24日 20時12分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408650708
  • NDC分類 336.82
  • Cコード C0034

出版社内容情報

人手不足、円安、インフレ……「もう、返済できない!」
コロナ融資倒産を防ぐための資金繰り指南の書。

新型コロナウイルスの扱いが5類となり
一般社会の生活が落ち着きを取り戻りつつある一方、
いま、中小零細企業は未曽有の危機に瀕している。

コロナ禍に受けた「ゼロゼロ融資」の返済が本格化し、
さらに猶予されていた公租公課の支払いも再開。

拍車のかかった人手不足やインフレ、円高によって
日本企業を取り巻く状況は前にも増して厳しく、
公租公課滞納が原因で倒産した企業は
コロナ前の20年に比べ23年は3倍にも上る。
(帝国バンクデータ調べ)

日本にある法人の99%は中小零細企業である。
このまま中小零細企業の事業が立ち行かなくなれば、
今以上に経済は逼迫し、破綻することすらあり得る。

「日本の中小零細企業の事業を守る」

本書はその一念によって
中小零細企業再建のスペシャリストたちが集結し、
資金繰りから事業再生のプログラムに至るまで
丁寧に解説していく。


【内容紹介】
第1章 ゼロゼロ融資の「借換保証」をどう活かす?
1.「ゼロゼロ融資」とは何だったのか
2.新たな借換保証制度の創設

第2章 これから中小企業が直面する課題とチャンス
1. いま起こっているのは不連続な変化
2. 中小零細企業が直面する課題
3. 中小零細企業にとっての可能性

第3章 中小零細の事業再生パターンと手法
1. 企業再建に成功する経営者の共通点
2. 金融機関との交渉
3. 本業の立て直しと磨き上げ
4. 会社や事業を譲渡する
5. 事業承継は別の視点で

第4章 業種別に考える事業再生ポイント
1. 製造業の事業再生ポイント
2. 建設業の事業再生ポイント
3. 不動産業の事業再生ポイント
4. 運輸業の事業再生ポイント
5. 人材派遣業の事業再生ポイント
6. 商社(卸業)の事業再生ポイント

第5章 元気な中小零細企業が日本を救う
1. 中小零細企業の位置づけと役割
2. 中小零細企業にとってチャンスの時代
3. 賢い経営者になろう

内容説明

インフレ、円安、人手不足、2024年問題。「もう、返済できない…」と思ったら、リスケしよう!日本の中小零細企業を救う。

目次

第1章 ゼロゼロ融資の「借換保証」をどう活かす?(「ゼロゼロ融資」とは何だったのか;新たな借換保証制度の創設)
第2章 これから中小企業が直面する課題とチャンス(いま起こっているのは不連続な変化;中小零細企業が直面する課題;中小零細企業のとっての可能性)
第3章 中小零細の事業再生パターンと手法(企業再建に成功する経営者の共通点;金融機関との交渉;本業の立て直しと磨き上げ;会社や事業を譲渡する;事業承継は別の視点で)
第4章 業種別に考える事業再生ポイント(製造業の事業再生ポイント;建設業の事業再生ポイント;不動産業の事業再生ポイント;運輸業の事業再生ポイント;人材派遣業の事業再生ポイント;商社(卸業)の事業再生ポイント)
第5章 元気な中小零細企業が日本を救う(中小零細企業の位置づけと役割;中小零細企業にとってチャンスの時代;賢い経営者になろう)

著者等紹介

藤嶋介翔[フジシマカイト]
株式会社PMG Partners代表取締役社長。埼玉県生まれ。大手商社系列アパレルブランドの経営に携わるなかで下請け中小企業の実態を目の当たりにし、2016年に金融業界に転じる。中小零細企業の再建と、資金導入や経営アドバイスを積み重ね、その経験・実績を生かし総合経営コンサルティング会社である株式会社PMG Partners代表取締役社長に就任。財務分析から黒字化のアドバイスや、財務体質支援の実績を専門スタッフとともに積み上げ、「中小企業の再生請負人」として多数の相談に応じている

八木宏之[ヤギヒロユキ]
企業再生コンサルタント/株式会社セントラル総合研究所代表取締役社長。大学卒業後、銀行系リース会社からシンクタンクに派遣、渡米して経営学者ピーター・ドラッカー博士の講義を聴講する機会があり、名著『経営者の条件』に出会い衝撃を受ける。今では一般的になったキャッシュフロー会計を博士の講義で知り、ゼロサム社会での経営の心得を習得する。平成3年のバブル崩壊後、民事再生法(平成12年施行)を活用した中小企業の再建、私的整理ガイドラインによる中小企業の延命から事業承継を多数手がける。不動産リースバック会社、アセット会社や企業コンサルタント会社の顧問

川北英貴[カワキタヒデキ]
資金繰りコンサルタント/株式会社グラティチュード・トゥーユー代表取締役。1974年愛知県生まれ。大学卒業後、1997年大垣共立銀行入行、主に中小企業向け融資業務を手掛ける。銀行退職後、2004年に事業再生・資金繰りの専門コンサルティング会社を起業。2016年、幹部社員の1人に会社を継いでもらい、翌2017年新たに「1人コンサルタント会社」として株式会社グラティチュード・トゥーユーを設立。全国の中小企業の資金繰り改善に飛びまわる一方、電話やメールで日々、資金繰りに悩む経営者の相談を受けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。