Garrrr books
石井正美の最強エンデューロテクニック

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784408611181
  • NDC分類 788.6
  • Cコード C2076

目次

第1章 基本ライディングテクニック―基本を見直して、ライディングの幅を広げよう!(スタンディングフォーム;加減速時のフォーム ほか)
第2章 セクション攻略テクニック―レースでよくあるセクションは、こう走れ!(ヒルクライム;ダウンヒル ほか)
第3章 超実戦エンデューロテクニック―実際のレースで、石井正美はこう戦った!(F2小湊8Hパワーエンデューロ;かぶと虫エンデューロinときわ ほか)
第4章 最強マシンと最強ライダーをつくる―エンデューロレースを、もっともっと楽しむために(石井流エンデューロマシンセッティング;自分に合ったエンデューロマシン選び ほか)

著者等紹介

石井正美[イシイマサミ]
1952年3月23日生まれ。神奈川県出身。小学2年生にして初めてバイクに乗り、16歳でモトクロスを始める。1972年、20歳の時からヤマハのライダーとして全日本モトクロスに参戦。1974年にはセニア(現在の国際A級)250ccクラスでランキング3位を獲得。1976年までヤマハのファクトリーライダーとして活躍するが、ケガによりいったんモトクロスから遠ざかる。そして6年のブランクを経た1982年、KTMで全日本モトクロス国際B級クラスに再デビュー。連戦連勝を果たし、シーズンの途中で国際A級に再昇格して話題を呼んだ。その後は、1989年から1993年までバハ1000連続出場、1990年には当麻、本栖、中頓別、日高など有名エンデューロを制覇。「世界最速の畳職人」の異名をとる。2000年には自身のショップ「Racing Garage Beer’s」をオープン。豊富な経験と確かなテクニックを生かしたマシンインプレッションも、オフロード各誌で好評を得ている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。