熱狂―ワールドカップ2002、夢のような31日間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 173p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784408611006
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

W杯の“熱と美”を描く撮り下ろし写真満載。極私的ワールドカップ2002。人気スポーツライター杉山茂樹初めての本格書き下ろし作品。

目次

盛り上がりはこれからだ―5月30日~6月7日(ワールドカップ開幕前夜に僕は…;まさかの敗退劇から見えてきたもの;ホテルを探すのも好ゲームを探すのも ほか)
極上エンターテインメント―6月8日~15日(絶品のスープと底抜けに面白い試合;パソコンを打つ手が進まずにいたのは…;スタンドは燃えていた鮮血のような赤だった ほか)
夢のような日々―6月16日~30日(夢と浪漫に満ちた壮大なゲームの行方;ベンチを見れば分かる、目の輝きが違う;日本代表だけではなく、日本すべての敗戦 ほか)

著者等紹介

杉山茂樹[スギヤマシゲキ]
1959年7月8日生まれ、静岡県出身。大学卒業後、フリーランスのスポーツライターとして活動。現在は、『スポーツグラフィックNumber』(文芸春秋)をはじめ、サッカー専門誌、各種雑誌等に寄稿する人気スポーツライター。サッカー番組の解説者としても活躍。オリンピックを夏冬合わせて過去7大会取材するなど、さまざまなスポーツに造詣が深く、中でもサッカーの取材には定評がある。ワールドカップ取材は日韓共催大会で6度目。本大会では、日韓17都市、全25戦の最前線を渡り歩く。年間3分の2を海外で過ごすなど、世界のスポーツについて豊富な知識と経験を有する

木下健二[キノシタケンジ]
1955年9月26日生まれ、東京都出身。自由学園卒業後、フォトグラファーとして活動。その後独立し、プレスプラスを設立。スポーツ写真に定評があり、サッカー、水泳、陸上、スノースポーツ、オーシャンスポーツなど、ジャンルを問わず、さまざまな作品を雑誌、広告などで発表。ワールドカップはスペイン大会より4回、オリンピックは夏冬合わせて8回取材。アスリートが生み出す“美”と“ソウル”を表現する数少ないフォトグラファーのひとり。1996年には写真展『Body&Soul美しき戦士たち』をフジフォトサロンで開催
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

湘南☆浪漫【Rain Maker】

0
相変わらずな文脈で安心する(苦笑)2017/03/10

アーキー

0
★★★☆☆ 70

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/674939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。