Joy novels
白馬岳風雪の殺人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 243p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408606248
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

冬山で遭難死した友人の遺品を調べていると、所持品の中から書籍のコピーが見つかった。山の紀行文らしい。なぜ彼はこの文章をノートに挟んで山に登ったのか。調べていくうちに、彼の遭難死は、事故ではなく、殺されたのではないかという疑いが強まった。彼は登山届も出していない。山のベテランの行動としては考えられないことだった。事故の背後に何があるのか。岳友たちは真相を追及するために、冬山に挑んだ。

著者等紹介

梓林太郎[アズサリンタロウ]
1933年、長野県に生まれる。1980年、『九月の渓で』で、第3回小説宝石エンターテインメント小説大賞を受賞し作家デビュー。以後、山岳ミステリーの第一人者として人気を博している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

depo

1
図書館リサイクル本。途中で犯人と動機も分かった。2020/11/19

Mitsuo Seki

0
白馬三山をよく知っている人が読んだら、ちょっと違うだろう?と思う場面も出てくるが、山岳ミステリーとして気軽に読むにはちょうどよい長さと話の簡潔さ。 次々に簡単に話が繋がっていって、大きなどんでん返しなく終わるので本格ミステリーとして期待しちゃいけない。あくまでも気軽に時間つぶしに読むのがいい。2015/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2720534

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。