Joy novels simulation
双撃の巨竜―最強戦艦決戦フィジー1943

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 212p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408606194
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

マレー沖海戦で大破した長門と陸奥、大改装を受け、巨竜として復活。米最新鋭艦と宿命の闘いへ―。激烈な夜戦で最強の主砲がサウスダコタ級戦艦を葬る。

著者等紹介

内田弘樹[ウチダヒロキ]
1980年愛知県生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

いちよんに

0
いつもは大和・武蔵の引き立て役な長門と不遇な役どころの陸奥が魔改造で最強戦艦、ってコンセプトがすべて。なんだけど、軽くて楽しく読めた。2017/06/07

池田羽衣

0
確か、戦争の初期から中期にかけては史実でも米軍はかなり綱渡りな感じですが。本作はそれに輪を掛けて悪いですね。新造艦を出す度に撃破されてるし。まあこのあとの日本軍はなんかジリ貧になりそうな気がしますね。そんなことを匂わす件がありましたし。2011/04/11

杞人

0
ふと思い立って再読というか再評価。遊撃隊の水雷戦力が極めて劣勢でアイオワ級撃破の切り札とならないことを見切った小柳少将が、金剛型高速戦艦の本来の役割である囮を兼ねた挺身照射を三水戦に委任して勝利する場面は興味深い。こういう一見些細なところでコンセプトの逆転を仕掛けてくるのが、この作者の架空戦記作家として侮れないところなんだよね。2011/03/01

杞人

0
この著者の得意技である「敗北した男たちが失ったものを取り戻すために闘う話」なのだが、早川少将の描写があっさり目であまり燃える展開とならず不満が残る。戦闘の展開も過去作品の焼き直しだし。そもそも長門って別に魔改造しなくてもダコタとはガチでやれると思うんだけどどうだろうか。2010/11/23

Meistersinger

0
ストーリーはかなりシンプル。造船官の陰謀物語2010/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1250932

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。