Joy novels simulation
天空の荒鷲―風船爆弾部隊米本土襲撃

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408605777
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

眼下に広がるアメリカの広大な景観が、池田の理性をすっかり奪っていた。とても落ち着いてなどいられない。「このぶんじゃ、着地するのは日暮れ前だな」困ったことだった。今の高度であれば発見されにくいが、半分ほどまで降りたときには、地上からでも肉眼で見えるようになるだろう。敵戦闘機への対策として、軽機関銃くらいはゴンドラに装備しておくべきだった。が、レーダー波を反射しやすいとの理由で、有人気球は無防備同然での出撃である。案の定、東の空の下方で光るものがあった。陽光に輝く敵影だ。おそらく、気球を発見してでの飛行ではなく、定期的な巡回かと思われる。速度を上げて迫ってくる気配は、今のところない。

著者等紹介

子竜螢[シリュウケイ]
1954年11月25日、富山県高岡市生まれ。会社員や商店経営を経て、1996年『不沈戦艦紀伊』(全16巻学研刊)でデビュー。大胆な展開ながらも細やかな人間模様の描きこみで多くのファンを魅了。第2回の「歴史群像大賞」(学研主催)では、奨励賞を受賞した。現在、「FMラジオたかおか」のパーソナリティーとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

kwn

0
日本軍が米本土奇襲上陸! …ただし、風船で。しょぼいのか壮大なのか、判断に苦しむところだが、楽しめた。米本土を一冊完結かと思っていたら、次があるというのがサプライズ。米本土の日常が架空戦記に紛れるケースはあんまりないので、そのあたりの描写に期待。2009/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/264213

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。