• ポイントキャンペーン

モノ書く女への道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 244p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408592220
  • NDC分類 914.6

内容説明

文章とは、夫婦とは、人生とは…個性派作家2人が、世代の違いをこえて熱く語り合う、辛口トーク・エッセー。

目次

第1章 私の「モノ書き」修業時代(子どもの頃から書くのが好きで;かおる文字を発明? ほか)
第2章 熟年女の愛と性(男のカラダ、女のカラダ;アンドレとオスカル)
第3章 価値ある男の条件とは(求めるのはソウルメイト;「いただき」と感じる瞬間 ほか)
第4章 短詩の人生、長編の人生(死と運命;苦も楽になるほどの道 ほか)
第5章 ステキな歳を重ねるために(連続する時間;自身と反省)

著者紹介

時実新子[トキザネシンコ]
川柳作家・エッセイスト。1929年岡山県生まれ。月刊『川柳大学』主宰。81年姫路市民文化賞、95年神戸新聞文化賞、01年神戸市文化賞をそれぞれ受賞。各紙誌の川柳投稿欄の選者をつとめ、広く川柳の普及に力を注いでいる

玉岡かおる[タマオカカオル]
1956年、兵庫県三木市生まれ。神戸女学院大学文学部卒。87年『夢食い魚のブルー・グッドバイ』(新潮社)で神戸文学賞を受賞し、作家デビュー。97年『をんな紋』(角川書店)が山本周五郎賞候補となる。執筆活動の傍ら、テレビなどのコメンテーターや行政の各種審議会委員などとしても活躍中